音楽教室トランペット教室レッスンノート 手のひらを太陽に

手のひらを太陽に

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

基礎
・マウスピースは唇に押し付けず唇をフィットさせる
・口を閉じてセッティング、MかPでバズィングがなるようにセット
・まっすぐ同じところに向かって息を流し続けます。

・音出しはマウスピースから始めましょう。バズィングがなるアンブシュアを作れたら真ん中のソの音が鳴るようにしてロングトーンします。
・慣れてきたら上下にグリスタンドで動きます。焦らずゆっくり動かしましょう。
・自由に動けるようになったら楽器に行きます。マウスピースと同じ手順でウォーミングアップをします。

・息はむやみに沢山吸うのではなく、その後使いたいように使える量を吸い、身体をポンプのようなイメージで使いましょう。
・いつもいい音で練習していればいい音がその人の普通になります。適当な音を出さず、常にいい吹き方でいい音を出していきましょう。
・ロングトーンを沢山取り入れ、音を長く伸ばすための筋肉や息の使い方を身につけましょう。今日はテンポ120で16拍、倍の32拍を繰り返しました。色んな音を長く伸ばせるよう練習していきましょう。

手のひらを太陽に
・元気のいい曲ですが勢いに負けず、きちんとフレーズを大切に吹きましょう。
・音の高さが離れる時はメモリをイメージしたり、1度前の音から次の音へ移り変わる練習をします。
・上の音に上がる時は唇の周りをしっかり締めて、下がる時は唇を口の中へ巻き込みすぎないよう突き出すイメージで動きます。どちらもマウスピースの時のようにバズィングが途切れないように気をつけてみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

忙しい方でも大丈夫!ストレスなく、演奏を楽しみ続けられるレッスンを提供

楽にこつこつトランペットレッスン
山田恭子 (トランペット)

新宿・池袋・吉祥寺・中野・高円寺・新高円寺

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta