音楽教室トランペット教室レッスンノート トランペットの基礎について

トランペットの基礎について

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

整備
・ピストンの手入れはこまめに行ってください。ピストンをしまう時は向きに気を付けてください。
・抜き差し管はグリスが乾いたり汚れたら、古いものを拭きとって新しく塗りなおしてください。

ブレスコントロール
・肩とお腹周りの余計な力を抜いて、おへその方に肺を膨らますイメージでしっかり吸います。無理に吸うと苦しいだけでうまく使えなくなりますので、焦らずに。
・身体をポンプのように、背中で支えながら息を送ってください。長く伸ばすことになれましょう。
・夜寝る前など、体を横たえた際に呼吸を確認してみると自然に胸やお腹が膨らんだりへこんだりする様子がわかると思います。その吸い方が起き上がっても出来るようにするイメージです。

マウスピース
・粋だけでは音はなりません。バズィング(唇の振動)が鳴るように口をしっかり閉じて、息を流します。子音のMや、ニコッとして子音のPを発音する形に近いです。
・バズィングをマウスピースに響かせてあげるよう唇をフィットさせましょう。マウスピースを自分の唇に押し付けたり、マウスピースで唇を広げたり、マウスピースに唇をねじ込むのは逆効果で吹きにくくなったり唇を痛めることが多いので気を付けましょう。
・真っ直ぐ音を伸ばしてください。雑音が多い場合、唇の閉じ方や、支えをどこに持ってくるのか、息を出そうとしすぎていないかなどを確認して、なるべくいい音が鳴るように調整してみてください。
・まっすぐ伸ばすことになれたら音を上下させてみてください。焦らずゆっくり、唇をどのくらい動かすのか感覚を掴みましょう。

楽器
・マウスピースと同じく、楽器にバズィング音を共鳴させるように、届ける意識でまっすぐ伸ばします。ロングトーンがいい音色でなるべく長くできるよう調整をしてください。
・まっすぐ伸ばせたら近くの音に行ったり来たりしたり、リップスラーで唇のエクササイズをします。その際、焦ってアンブシュア(楽器を吹くときの口の形)が崩れたり、息を吸わずに吹いたり、息を流すことを意識せず吹くことなどがないように気を付けましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

忙しい方でも大丈夫!ストレスなく、演奏を楽しみ続けられるレッスンを提供

楽にこつこつトランペットレッスン
山田恭子 (トランペット)

新宿・池袋・吉祥寺・中野・高円寺・新高円寺

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta