音楽教室トランペット教室レッスンノート 基礎的な奏法と上達方法

基礎的な奏法と上達方法

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

アンブシュア
・子音のMを発音した後の唇の形、またはニコッとしてPの子音を発音する形に整えてください。
・バズィングは上下の唇を息で震わせて行います。アパチュアがなるべく開かないように、マウスピースに収まる部分の中央が振動するように意識してください。
・唇を巻き込みすぎると隙間が開きやすくなります。マウスピースにフィットさせることをイメージしてください。

マウスピース
・やみくもに息を流さず、バズィングをマウスピースに届ける(共鳴させる)ことをイメージしてください。
・まっすぐ音を伸ばしたい時は、唇の形を維持することを忘れずに、息を一定に流し続けてください。
・まっすぐ音を鳴らせるようになったら、その音を基準に波線をなぞるように音を高くしたり低くしたりスライドさせてください。
この時音色の変化に気をつけ、唇の中心から響きを逃がさないように気をつけてください。
・いい音色が楽に出せて自由に動ける形がいいアンブシュアです。

ブレスコントロール
・息を使うためにはまずは吸わなければなりませんので、慌てて吹かずに必要な量を吸います。その際にあまり口を開きすぎるとアンブシュアが崩れやすい(アパチュアが開きやすい)ので気をつけます。
・深い呼吸や腹式呼吸と言われるような息のとり方をするために肩が動かないように固定するのは間違いです。夜寝る前などに横になった時にお腹や胸が自然と上下すると思いますが、それが理想の呼吸のとり方です。
・初めは下腹部(へその辺り)に軽く力を入れて、そこに向かって肺を楽に広げるイメージを持ってください。前方だけでなく、360度自由に広げるつもりで。慣れてきたら今度は背中をきちんと支えながら呼吸してみてください。
より深く息を吸い込める感覚になったら成功です。その際に胸のあたりが苦しくなったり喉が圧迫されたり押し広げられる感覚があったらまだ無駄な力が入っています。
・息を吐く、音を出す際はただ息を流すのではなく自分の意思でしっかり送り込んでください。身体をポンプのように使うことをイメージしましょう。

楽器を鳴らす
・アンブシュアを整えて、息を楽器に満たしながら送るつもりでまっすぐ流してください。音色が整うようアパチュアの締め加減、アンブシュア、息の送り方と量の調整をしてみてください。
・音を止めるまでは必ず息を送り続けることを意識してください。安定したらマウスピースでやったように半音階で上がり下がりすると口周りの筋肉がほぐれやすいです。
・タンギングをする際は息を流し続けたままバズィングを止めないように気をつけます。
・口の筋肉が安定するまではリップスラーを綺麗に移り変わるより、マウスピースのグリッサンドのように移り変わる練習を多めに行ってください。

口周りの筋肉、舌の筋肉、呼吸をコントロールするための筋肉を必要量身につけ、自由に動かせるようにすることが楽器の演奏がうまくなることです。
他にも魅力的な音楽を奏でるためには感性を磨くことも必要となってきます。
楽器を毎日吹けなくても、今日教えさせていただいたトレーニングをこまめにやっておくことで筋力低下を防いだり、向上することができますので気が向いたらやってみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

忙しい方でも大丈夫!ストレスなく、演奏を楽しみ続けられるレッスンを提供

楽にこつこつトランペットレッスン
山田恭子 (トランペット)

新宿・池袋・吉祥寺・中野・高円寺・新高円寺

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta