サイタ音楽教室トロンボーン教室 東京 トロンボーン教室えり レッスンノート 楽器の構え方から曲を吹くまで

楽器の構え方から曲を吹くまで

トロンボーン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

トロンボーンの種類から部位説明をしました。
バジング奏法を練習して、マウスピースで音を出しました。
そこから、楽器の構え方やスライドポジションの説明をして、音を出しました。
スライド特有の奏法をしたりして、楽器で楽しんでもらった後、聖者の行進を一緒に音を確認しながら演奏しました!

目的・種類別にトロンボーン教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

初めに、いつも通りトロンボーンのお手入れから始めました。いつもは手伝って一緒にやるのですが、普段から楽器を触る時に出来る様になって欲しいので、本日は1人でやっていただくことにしました。 少しずつ、楽器に触るのにも慣れてきてお手入れ用具も覚えてきた様でした。時々、危なっかしいところもあるのでも...

楽器のお手入れに慣れて欲しいので、まず最初にスライドやチューニング管を生徒さん本人にお手入れをやっていただき、楽器を組み立てました。 これからも毎回最初と最後にお手入れをやって頂こうと思っています。 その次に4拍4拍でロングトーンの練習をやりました。最初の4拍でため息と息を吸う重要さをわか...

生徒さんが、今度本番で披露する曲の練習を中心にやりました。 その中でも特に難しいと感じているところをピックアップしてもらい、一緒に1音ずつ吹きながら音の確認をしました。 以前より高い音が出ているので、成長が早いなと感心いたしました。 その次に、手拍子でその難しい部分をリズムをとりました。...

生徒さんが本番でやる曲の中で苦手だと聞いていた変拍子の部分の練習をしました。 まず、数え方を紙に書いて説明して、メトロノームを付けてゆっくりのテンポから小節の頭を手拍子する練習から始めました。 呑み込みが早く、すぐ出来るようになったので、どんどんテンポアップしていき、譜面で必要なテンポまで...

初めに、腹式呼吸について腹式呼吸とはどういうものなのか、説明しながら実際に私が実践して生徒さんに見てもらいました。そして生徒さんに仰向けになってもらい、息を吸ったときにお腹が膨らむのを実感してもらいました。肺呼吸と腹式呼吸の違いが分かりづらかったので、動画に撮ってお腹が膨らんでるのを見てもらい...

レッスンノート ページ先頭へ

トロンボーン情報

サイタのトロンボーン講師がブログを通して、トロンボーン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トロンボーンの先生

@TrombCyta