サイタ音楽教室トロンボーン教室 東京 とろんぼーん教室そら レッスンノート レガートの練習

レガートの練習

トロンボーン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。
今回は、曲のサビのなめらかな部分を吹けるようになるため
レガートの練習を中心にレッスンしました。

レガートの方法は2パターンあります。
①タンギングをしないでできるパターン
②やわらかいタンギングを使ってのパターン

①の方は下がる音型だときれいに吹けていましたね。
上がる方も息のスピードの感覚などを覚えると上手に吹けるようになると思います。
ポイントは、息をしっかりと使ってあげること、
そして、右手の動きは素早くすることです。

②は慣れるまで練習が必要だと思いますが
時間をかければきれいに吹けるようになると思います。
①の時と同じように聴こえるよう練習していきましょう!!

次回までに、スケールなどを使って
タンギングがない時、普通のタンギングをする時、レガートタンギングをする時
いつでも狙った音があたるように練習してみてください。

目的・種類別にトロンボーン教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

先日はレッスンお疲れ様でした!! 久しぶりのレッスンでしたが、いかがでしたでしょうか?? なかなか人前で演奏の機会がないと、響きが小さくなりがちですので、意識して楽器を響かせる時間を作ってみましょう。 今回は新曲への挑戦でしたね! 譜読みはしっかりして来てくださっていたので、次...

先日はレッスンお疲れ様でした!! 無理のない音域での演奏で、スムーズに吹けるようになるのが楽しみですね 音域を下げたことで、スライドの動きが難しくなりましたので、レッスンでやったように、大枠の音だけから練習してタイミングを掴んでから細かい音符を入れていってみましょう。

先日はレッスンお疲れ様でした!! 曲を使いつつ、高音の出し方を主に取り組みました。 なかなか急に出るようになるのは難しいですが、確実に高音も出るようになってきています。焦らず少しずつ音域を広げていきましょう。

先日はレッスンお疲れ様でした!! 久しぶりのレッスンでしたね。 今までに取り組んだ曲よりもかなり高い音に挑戦でしたね。 惜しいところまでは出ているので、次回また一緒に挑戦してみましょう! ご自身で練習する時は、必ず疲れすぎる前に低い音を吹いて筋肉をリラックスさせてあげる時間を作って...

先日はレッスンお疲れ様でした! 音名を書いてきてくださったので、とてもスムーズに譜読みできましたね。 #や♭も少しずつ慣れてきているようですね。 色々な調の好きな曲に取り組んで、楽譜を読む力をアップしていきましょう!

レッスンノート ページ先頭へ

トロンボーン情報

サイタのトロンボーン講師がブログを通して、トロンボーン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トロンボーンの先生

@TrombCyta