音楽教室トロンボーン教室レッスンノート チンギス・ハーン

チンギス・ハーン

トロンボーン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスン、お疲れ様でした。
今日は「チンギス・ハーン」の練習をしました。

・E→Bのglissは
1.まず、Des→Bのglissの練習を。
2.次に、2ポジでE→Desのリップスラーの練習を。
3.最終的にE→Bのglissとなりますが、その時にはDesの音は消すようなイメージで。
以上を心がけて練習して下さい。

・中間部は
周りの音をよく聞いて演奏するようにして下さい。

・ffの出し方は
腹式呼吸で空気をため込んでから、
「カメハメ波」(笑)のイメージで音を出すようにして下さい。

2ポジでのDes、5ポジでのBは普段あまり使わないので、
音だしやロングトーンでしっかり音が出せるように心がけて下さい。

演奏会本番まであと1週間ですが、別の言い方をすると
「まだ1週間」あります。
今日お渡しした参考音源を何回も聞いて、
「自分ならこういう感じで演奏したい」というのを
よくイメージして下さい。
チンギス・ハーンに限らず、どの曲でも言えることなのですが
そのイメージが早くできるようになると
どんどん上手になっていきますよ。
最初のレッスンでお話しした「声に出して歌うこと」も
イメージをつかむ練習になります。
もちろん、マウスピースだけの練習も同じです。

これからも一種に頑張っていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

吹奏楽の他、ジャズのソリストやビックバンドのトロンボーン奏者として活躍

「音」を「楽しむ」ためのトロンボーン講座
岩佐宣弘 (トロンボーン)

梅田/大阪・西宮(JR)・三ノ宮・元町・西九条・難波・今津・甲東園・尼崎(阪神)・西...

レッスンノート ページ先頭へ

トロンボーン情報

サイタのトロンボーン講師がブログを通して、トロンボーン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トロンボーンの先生

@TrombCyta