サイタ音楽教室トロンボーン教室 兵庫 「音」を「楽しむ」ためのトロンボーン講座 レッスンノート チンギス・ハーン

チンギス・ハーン

トロンボーン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスン、お疲れ様でした。
今日は「チンギス・ハーン」の練習をしました。

・E→Bのglissは
1.まず、Des→Bのglissの練習を。
2.次に、2ポジでE→Desのリップスラーの練習を。
3.最終的にE→Bのglissとなりますが、その時にはDesの音は消すようなイメージで。
以上を心がけて練習して下さい。

・中間部は
周りの音をよく聞いて演奏するようにして下さい。

・ffの出し方は
腹式呼吸で空気をため込んでから、
「カメハメ波」(笑)のイメージで音を出すようにして下さい。

2ポジでのDes、5ポジでのBは普段あまり使わないので、
音だしやロングトーンでしっかり音が出せるように心がけて下さい。

演奏会本番まであと1週間ですが、別の言い方をすると
「まだ1週間」あります。
今日お渡しした参考音源を何回も聞いて、
「自分ならこういう感じで演奏したい」というのを
よくイメージして下さい。
チンギス・ハーンに限らず、どの曲でも言えることなのですが
そのイメージが早くできるようになると
どんどん上手になっていきますよ。
最初のレッスンでお話しした「声に出して歌うこと」も
イメージをつかむ練習になります。
もちろん、マウスピースだけの練習も同じです。

これからも一種に頑張っていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

吹奏楽の他、ジャズのソリストやビックバンドのトロンボーン奏者として活躍

目的・種類別にトロンボーン教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

体験レッスンお疲れ様でした。 1時間という短い時間でしたが 久しぶりに楽器に触れた感じは いかがだったでしょうか? 全然ブランクを感じさせない 音色でしたよ! 音出しの出来る場所も いくつか挙げさせて頂いたので 個人練習を行う際には 参考にして頂けたらと思います。

体験レッスン、お疲れ様でした。 長年のブランクを感じさせない音色で 素晴らしかったです。 音が割れてしまうとのことたでしたが 原因と対策をお教えできたので 普段の練習に取り入れて頂ければと 思います。 太管で慣れないこともあるかと思いますが お気軽にメッセージを頂け...

レッスン、お疲れ様でした。 少し時間を取り過ぎましたが 「じんじん」について、解説と演奏するにあたっての注意点を お話ししました。 「じんじん」、グレードはそんなに高くない曲ですが 小編成でも演奏できるように作られているため Tb~Hnへのブリッジや、ユニゾンでの裏メロなど ...

レッスンお疲れ様でした。 前半はスケールの練習を行いました。 スケールは一見意味のないようにも思われますが いろんな曲を演奏していく上では重要になってくるので ルーティンに取り入れて下さい。 後半はデュエット大会をしました。 が、初見であのグレードは少し厳しかったかも知れま...

まずはソロの時に使えそうな 様々な小技を披露しました。 シングルタンギングとダブルタンギングは必ず使うときがあるので 日々の練習に取り入れて下さい。 Shakeは吹奏楽では滅多に使いませんが ポップス曲では出てくる場合もありますので Shakeの基礎となるリップスラーの練習をし...

レッスンノート ページ先頭へ

トロンボーン情報

サイタのトロンボーン講師がブログを通して、トロンボーン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トロンボーンの先生

@TrombCyta