サイタ英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座 東京 Haruka英語教室 レッスンノート TOEICによく出る文法・単語

TOEICによく出る文法・単語

TOEIC(R)テスト対策講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

★TOEIC頻出文法・語彙


《リスニングにもリーディングにも頻出の表現》
for a change=たまには、気分転換に
by chance=偶然に
by no means=決して~しない、決して~でない
for good=永遠に、永久に

《過去形》
Mr. Simon went to the US last year. But now, he is in Japan.
(サイモンさんは去年アメリカに行きました。でも今、彼は日本にいます。)

《習慣のことを言うときは常に現在形》
I get up at 6 o’clock every morning.
(私は毎朝6時に起きます。)


《不変の真理は常に現在形》
The child understood that the sun rises in the east.
(その子どもは太陽が東から昇ることを理解しました。)
※不変の真理を言うときは常に現在形になります。


《現在完了形(継続)》
We have known each other since we were in junior high school.
(私たちは中学にいるときからの知り合いです。)

《by+無冠詞の乗り物》
Alice came to our office by train this morning.
(アリスは今朝電車で私たちのオフィスに来ました。)

《Neither A nor B》
Neither Mr. White nor his wife can speak Spanish.
(ホワイトさんも彼の妻もスペイン語を話せません。)

《while (S be動詞) ~ing》
Our president always drinks coffee while working.
(社長はいつも仕事をしながらコーヒーを飲みます。)
※文章の主語とwhileの後の主語が同じ場合は、主語とbe動詞を省略できます。

《形が似ている単語》
competitive=競争力のある、競争の
competent=有能な

《仮定法過去・仮定法過去完了》
If I had enough money, I would study abroad.
(もし十分なお金があれば、留学するのに。)←現在

If I had had enough money, I would have studied abroad.
(もし十分なお金があったら、留学しただろうに。)←過去

《仮定法過去・仮定法過去完了「もし~がなければ、~がなかったら》
If it were not for her advice, our project would fail.
(もし彼女のアドバイスがなければ、私たちのプロジェクトは失敗するだろう。)←現在

If it had not been for her advice, our project would have failed.
(もし彼女のアドバイスがなかったら、私たちのプロジェクトは失敗していただろう。)←過去


《boreの現在分詞・過去分詞》
I am bored with my colleague’s lengthy speech.
(私は同僚の長ったらしいスピーチにうんざりしています。)

The movie was boring.(その映画はつまらなかった。)

《inform A of B=AにBを知らせる》
Mr. Carter said that he had informed Ms. Abel of the meeting.
(カーターさんは、エイベルさんにそのミーティングについて伝えたと言いました。)


《クジラ構文》
Journalists are no more politicians than novelists are.
(ジャーナリストが政治家でないのは、小説家が政治家でないのと同じです。
※A is no more B than C is (D).=AがBでないのはCがDでないのと同じです。
※A is no less B than C is (D).=AがBなのはCがDなのと同じです。


《to不定詞を取るか動名詞を取るかで意味が変わる動詞》
I regret telling him the truth.
(私は彼に真実を話したことを後悔しています。)
※regret to不定詞=残念ながら~する


《分詞構文を使った慣用表現》
Frankly speaking=率直に言うと
Strictly speaking=厳密に言うと
このレッスンノートを書いたコーチ

独学で855点取得!時間の作り方・効率的な勉強法も提案

新着レッスンノート

■自動詞 自己完結している動詞。動詞のあとにすぐ目的語を続けることができず、前置詞+名詞や副詞を導く。 例文: He has the responsibility for accounting for the cause of the mistake. (彼にはその失敗の説明責任が...

★頻出語彙 ・inform A of B = AにBを知らせる ・elect = ~を選ぶ、選出する ・committee = 委員会 ・chairman = 議長 ・study abroad = 留学する ・regret = ~を後悔する *regret to 不定詞で「残...

★語彙 ・be poised to do = ~する準備ができている、まさに~しそうだ ・consult = ~を参照する、~に相談する ・refer to = ~を参照する ・candidate = 候補者 ・be known for ~ = ~で知られている ・be prepa...

★頻出英文法・語彙 ・assign = ~を割り当てる "assign A+B"か、"assign B to A"で「AにB(仕事など)を割り当てる」という意味になる。 受動態であれば、"B+be動詞+assigned+to A"の形になる。 "assigned"を形容詞的に使って...

★TOEIC頻出語彙・文法 ■語彙 ・for a change = たまには、気分転換に ・competitive = 競争の、競争好きな、競争力のある ・competent = 有能な、能力のある ・Frankly speaking = 率直に言うと ・Strictly sp...

レッスンノート ページ先頭へ

TOEIC(R)テスト対策情報

サイタのTOEIC(R)テスト対策講師がブログを通して、TOEIC(R)テスト対策情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

TOEIC(R)テスト対策の先生

@ToeicCyta