サイタビジネススキル講座話し方教室 東京 フリーアナウンサー有井佳子の話し方教室 レッスンノート 意識をすること

意識をすること

話し方教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

滑舌に自信がない場合、自分で意識して、ゆっくりと、
口を丁寧に開けて発音することが重要です。

聞き返されることが多くなっているなら、
早口すぎるので、伝えたいことが伝わっていない場合も多くあります。

ゆっくりと話す、伝えたい言葉は何かを意識する。

意識するだけで、伝わり方は変わります。

目的・種類別に話し方(声の出し方)教室・講座を探す

新着レッスンノート

話し方には人それぞれのペースがあります。 ゆっくり話す人、早口の人、考えながら話す人。。。 相手が気持ちよく話せるように、相手のペースに合わせて話す ペーシングを心掛けてみましょう。 相手の表情やしぐさを真似る、ミラーリングも効果的です。 また、自分から、話さない方には、まずはクロー...

感じの良い声にするにはどうすればよいか? 笑顔で、話してみましょう。 読むのではなく、話しかける事。 気持ちを込めて、話す事。 そうすれば、気持ちのこもった、感じの良い話し方になります。

失敗したらどうしよう 自信ない。。 とネガティブな気持ちのままでは、 緊張を味方にする事はできません。 緊張を上手く味方につけて、 よいパフォーマンスが出来るように いたしましょう。

滑舌に自信がない場合、自分で意識して、ゆっくりと、 口を丁寧に開けて発音することが重要です。 聞き返されることが多くなっているなら、 早口すぎるので、伝えたいことが伝わっていない場合も多くあります。 ゆっくりと話す、伝えたい言葉は何かを意識する。 意識するだけで、伝わり方...

傾聴のスキルにペーシングがあります。 相手とコミュニケーシをする時、「ペース」を合わせる事です。 話す速度、声の高さ、大きさ、頷き相槌のタイミング、表情、等を相手に合わせていきます。 合わせることで「安心感、親近感」を得ることが出来 信頼関係を築くことが出来ます。 自分のペースで...

レッスンノート ページ先頭へ