サイタビジネススキル講座話し方教室 東京 現役営業担当の話し方教室 レッスンノート 仕事場の先輩、上司、取引先それぞれとスムーズにコミュニケーションをとるには?

仕事場の先輩、上司、取引先それぞれとスムーズにコミュニケーションをとるには?

話し方教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・転職して1年、相手(上司、先輩、取引先)によってのコミュニケーションの方法について


★うまく伝えられない、伝わらない(周りからも指摘されている)



目に見えた課題
・自分から話すことに苦手意識
→仕事でもプライベートでも話す機会が少ない
→突破的に何か言われると反射的にどう返答したらベストか迷ってしまい言葉が出てこなくなりがち
→緊張すると、うまく話せない
→切り替えがうまくいかない
→相手が何を求めているかがわからない


【シチュエーションごとの会話の方法】
1.会話の準備をする
自分側の話をしようとする意識が今強いので、話さなきゃ話さなきゃと相手が言いたいことを引き出す話し方ができていない


→相手が話しやすくなる=自分も話しやすくなるためには、相手に先に喋らせると会話の主導権を自分で持ちやすいのでトータル話しやすい空気を作れます


→相手が自分の気持ちや考え方を察してくれるだろうという考えは捨てること、言わなきゃ理解はしてもらえないものと思うくらいが丁度良いです
なので、とにかく言ったつもりで話すではなく、しっかりイエスノーはっきり言い切るようにしたほうが妥当です


→仕事の進捗状況を先輩や上司へ共有する
週1とかでも、進捗報告をきっかけにしてでもなんでも良いので、特に先輩とは距離を縮めて頼れるくらい仲良くなれるようコミュニケーションをまず増やしてみること


→不安要素は誤魔化さず確認とる
失敗しないために報告連絡相談をするというより、スムーズに仕事がまわっていくためには分からないことをそのままにしないことです



2.自信をつけたければ、不安と思う回数を減らすしかない
→知らないことがあるなら情報収集を自力でしてみる
→調べて分からないなら必ず先輩に聞く、聞くことは恥ずかしいことでもないし、調べても分からないなら聞くのは自然なことなので
→自分の職場での役割を明確に見つけることで、どんなキャラになれば円滑にコミュニケーションとれるかを自分なりに考えて実践してみてください


【具体的な打開策 案】
→わからないところをはっきり伝えないと、先輩や上司は何が分からないかすら掘り下げてまで考えてはくれないことを自覚すること

→できないとハッキリいう
ここが今、圧倒的に足りていない部分です


→やったことないけど、やりたいと思っていることも必ず先輩や上司に伝えてください
やる気があるという意思表示にもなりますので


【まとめ】

※言い方より先輩や上司とのコミュニケーション不足が現状の課題

※自力でできないことは、ハッキリできないと言わないと伝わらない
先輩には特に今言えてないことをしっかり言えば、理解してくれるだろうし、誤解も解けて大まか解決できるはず


※現状はできるはずなのにやってない人だと怠け者ではないですが、できないひとという見方をされてしまっていそうですよね
なので、やらないのではなくできないというそこをまず伝えて、誤解を解く作業を1日でも早くすることが必須!


人間性としては、素直で嘘つけない、考え方は楽天的な方かなと感じたのでそこは顧客対応に関わる仕事には合っていると思いました。

根本的な自信って仕事上ならば、誰に指図されなくても言われた仕事も言われてない仕事どちらもすんなりこなせるようにならない限りは、自信って持てないものだと思います。


自信なきゃ仕事できないわけではないし、同じ仕事を大体3年やれば何となくはまあまあ仕事をそつなくこなせるようになります。

それまで苦労だらけは正直当たり前だし仕方ないですが、どこまで自分がプレッシャーに潰されることなく頑張れるかです。

会社の中で、雇われている以上は極論は自分の意思を会社にどれだけ合わせられるかです。
合わせられるくらい良い上司がいるとか、仕事内容が本当に好きとか、何かしらその会社にいたいと思える理由があれば合わせることも意外と出来たりします。

ただし合わせすぎて精神病むとかは本末転倒なので、適度に頑張ってみてください。
まずは先輩と気楽に話せる関係になれるようにチャレンジしてみてください。


今日は体験レッスンありがとうございました!
このレッスンノートを書いたコーチ

ビジネスシーンにはもちろん、就活やプライベートにも役立つ会話術を学ぶ!

目的・種類別に話し方(声の出し方)教室・講座を探す

レッスンノート ページ先頭へ