サイタビジネススキル講座話し方教室 東京 ふうさんの話し方教室 レッスンノート 転職先でのコミュニケーション構築:「報連相」と「雑談」

転職先でのコミュニケーション構築:「報連相」と「雑談」

話し方教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした。

テーマ「転職間もない会社での良好なコミュニケーション構築」
今後充実した仕事をするのに大事なテーマです。

特に早急によい関係を築きたい対象はチームの上司と同僚。
職場での良い関係を築くうえで大事と思われているのが、「報告・連絡・相談(報連相)」と「雑談」

私も転職を繰り返してきたので、「報連相」のタイミングやどこまで聞くか、は悩みどころでした。
相手が分からない時点での「雑談」も難しいですね。
現在受け入れ側としての気持ちも混ぜ込んで、現時点で最適と思われる話し方をお伝えしました。

まず、「報連相」。
大事なポイント
私が会社で指導しているビジネスマナーでは「報連相」は、「早いタイミングで簡潔明瞭」。
①タイミング
 相手が忙しそうだとなかなか声がかけづらいですね。
 でも、入社間もないのであれば相手が忙しそうでも「報連相」は遠慮なくすべきです。
 声をかけづらい場合、相手の視界に入って相手を見る事からやってください。
 
②相手が短時間に答えを出し易い質問の仕方をする。
 YESかNO、またはAかBの答えをだせる質問の仕方をする、と言う事です。
例:
×作業を進めていたら○○な状況になりました。どうしましょう。
○作業を進めていたら○○な状況になりました。△△か□□で解決できると思うのですがいががですか?
 中途採用の場合、ある程度のキャリアがありますが、そのやり方は会社によって違います。
○の質問の仕方の方が、「自分で考えることができ、そのスキルも持っている人」の印象が残ります。
会社側としては、今スキルがなくても自分で考えて、(勝手にやるのではなく)ちゃんと確認して行動する人はありがたい人材です。

③「報連相」の前後に相手への気遣いを。
話しかける時は、「お忙しいところすみません。今、相談いいですか?(報告いいですか?)」
終わった時は、「わかりました。」「やってみます」「ありがとうございました」は返しましょう。
 コミュニケーションにおいて一番大事なのは③だと思っています。

「雑談」については2つの事が言えると思います。
A.雑談の場を気にする方は真面目な方が多い
B.雑談の場には役割がある。

A.同僚など仕事以外の会話で関係性を深める事で、仕事にもよい影響がある「雑談」。
他にも何人か「雑談力を上げたい」方は多いです。
そんな方々に雑談力が高い人のイメージを伺うと「場を盛り上げる発言をする人」で、
それに比べて自分は、「話を振ってもらっても上手く返せず会話を終わらせてしまい場を盛り下げてしまうのがお悩みで、基本的に皆さん「真面目」。
「真面目に雑談」は難しいでしょう。
入社間もなく相手のキャラクターが分からない環境で真面目な方は安易に不用意な発言はしません。
なので、話しを振られても何を返してよいのか分からなくて言葉がでないシステムが働いているだけです。

B.テレビのバラエティ番組はまさにテーマのある雑談の場です。
「さんま御殿」が面白いのは、さんまさん(A)の言う事にリアクションを取ってくれる人たち(B)、その情景に笑ってくれる人たち(C)がいるからです。
身近な雑談の場(カフェで隣の席の会話、電車での複数人の会話、ご自身の友人たちとの会話)でも同じ様な情景が見られると思います。
新人は(C)のキャラクターから始めて、だんだん(B)、慣れたら(A)で良いのではないでしょうか。

ABを踏まえてすぐに雑談の場でできることは以下です。
①興味をもって相手の話しを聞く。
②あいづちをうつ←これ大事。
③話しを振られたら自分なりの回答をしてから、○○さんはいかがですかと質問する。
④質問の答えを①興味をもって聞く ②あいづち・・・・
これで立派な雑談です。

今は対処療法として事例の解決方法をお伝えしていますが、最終的にものごとの「本質」を見る目が出来れば、対処療法ではなく自然に対応できるようになります。
「本質」を見極めるツールとしてNLPは最適です。
新しい会社生活で充実した日々が送れますようにサポートさせていただければとます。
このレッスンノートを書いたコーチ

脳科学に基づく心理学的コミュニケーション手法、「NLP」の認定コーチ

目的・種類別に話し方(声の出し方)教室・講座を探す

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 課題「書き出し」への取り組み、ありがとうございました。 まだ、「書き出すこと」の効果は実感いただけないかと思いますが、是非続けて頂きたいです。 講座でもお伝えしましたが、「書き出す」=言葉にすることは、様々な問題解決の糸口になるからです。 人間は常...

本日もレッスンお疲れさまでした。 課題に取り組んでいただきありがとうございました。 流れを覚えること。 ⇒キーワードだけでなくセリフにまで落とし込んで覚えてみる。 想定外のつっこみ ⇒さっそく実体験。 本日行ったこと。 「つっこまれ体験の書き換えワーク」 前回お話しまし...

体験レッスンお疲れさまでした。 技術職から営業職まで範疇をひろげられる状況から当講座に興味をもっていただきました。 症状は、 少々長い説明になると着地点を見失うことがある。 即答できないつっこみに焦る、その時の感覚がふとした時に思い出されて 商談前数日単位で緊張した感覚がある...

レッスンお疲れ様でした。 たくさん楽しいお話をありがとうございました。 今回盛りだくさんの話題のなかで こうすればもっと良くなるかも、 と思うこと2点についてお話させて頂きました。 異業種からの企業への転職時に 言わない方が良い言葉。 「御社で勉強したい」 「御社で...

本日もレッスンお疲れ様でした。 以前よりも落ち着いて話ができるような状況が増えた実感があるとのこと。 素敵ですね。 そんな状況がもっと増えるように、今日はその状況を深堀しました。 <落ち着いて話ができるときと出来ないときの状況。> ○出来るとき=相手の状態がある程度理...

レッスンノート ページ先頭へ