サイタビジネススキル講座話し方教室 東京 イメージアップ会話講座 レッスンノート あがらず話すために

あがらず話すために

話し方教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

特にあがり症ではなかったはずなのに、新しい職場でプレゼンを行うようになって、ひどくあがってしまい手が震えるほど…と深刻なお悩みでした。
なぜあがるのか、その理由は一般的に
1.自分の力と自分がしようといていることにギャップがある。
2.他人による評価が気になる。
3.準備不足。
あたりだと思いますが、お話を伺うと、準備はかなり入念にしていらっしゃる様子。
お話ぶりもわかりやすく、良い仕事をたくさん積み重ねてきた方なのではないかと感じました。
あがり症には特効薬はありませんが、いっぺんに解決するのではなく、ひとつずつクリアしていくのが近道かと思います。急がば回れ、です。
様々なことを聞かせていただき、まず次回試していただきたいことをお伝えしました。
1.原稿を手放すまでの期限を決める。
2.導入部で原稿を読みながら進めていくことを伝え、堂々と読み進める。
3.会場ではまず好意的な人に向けて話す。
最初は思いつめたような表情をされていましたが、次第に表情もやわらぎ、素敵な笑顔でお帰りになりました。

目的・種類別に話し方(声の出し方)教室・講座を探す

新着レッスンノート

1.声が小さくて低い。 2.雑談、コミュニケーションが苦手。 3.不機嫌に思われる不安。 などについてお話しいただきました。 コンプレックスは、実は個性や強みと表裏一体です。 1. 落ち着いたトーンで丁寧にお話になるという印象を受け、まったく問題なく感じました。 それは「伝えた...

まずご自身の性格分析をしていただきました。 2番手タイプなのにリーダー的立場に押されてがちな方は、「待てない」ことが多いようです。 人が動くのを待つより自分で動いてしまうのが早いのは間違いありませんが、管理職である以上、人を動かし育てていくのが重要な仕事でもあります。 ご自分で動く前に、...

もしかしたら効率のいい特効薬的なものを探していらっしゃるかもしれません。 それでも、やはり困難に突き当たった時は、どんなベテランでも基本に戻るしかないのです。 そして、何年経っても、基本に返ると新しい発見があります。 地道に基本を積み重ねた上に、基礎的な力が確立するのです。 単語を...

先回りしてたくさんの言い訳をしてしまうのは、「叱られる」「できない人と思われる」と言う前提があるからです。 その話を「聞く人がどう思うか」は、その人が決めることで、こちらが決めることではありません。 「自分がどう思われるか」と「相手がどう思うか」は、同じように見えてまったく違います。 前...

苦手なことばを噛んでしまう心理的な要因は「自信のなさ」です。 自信つくまでその「言葉」をゆっくり何度も繰り返し繰り返し、10回20回繰り返す中で口がその言葉を覚えたら、その言葉を含む「文章」を何度も繰り返す。 これは朝起きて稽古に入るまでのルーティンにしてもいいと思います。 口の中でしゃ...

レッスンノート ページ先頭へ