サイタ資格取得講座宅建講座 東京 邦康の宅建講座 レッスンノート 宅建業法

宅建業法

宅建講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

事例問題から知識の確認及び知識の修得をはかります

宅建業の定義
みずからの貸借は、宅建業ではない
これは、大家である
貸借は、代理と媒介の場合である

宅建業者の定義
国、地方公共団体、都市再生機構、地方住宅供給公社ー宅建業法をすべて適用しない

信託会社、信託業務を兼営する金融機関ー免許に関する規定のみ適用しない

この場合、大臣に届出だけは必要ー大臣免許業者とみなされる

免許の承継、相続、譲渡
一切認められない

免許の有効期間の満了、免許が効力を失ったとき 、免許の取り消しがあったとき

業者であった者、相続人、合併後の法人等は残務整理についてのみ業者とみなされる

名義貸し

相手が無免許である場合はもちろん、免許を有している場合でも禁止

免許の欠格要件

執行猶予期間が満了すれば、その翌日からokとなる
執行猶予期間中は不可

未成年者
成年者と同一の行為能力を有する(婚姻をしている、営業の許可あり)
ー未成年者自身の欠格要件を審査する

成年者と同一の行為能力を有しない(未婚、営業の許可なし)

この場合には、法定代理人が代理して契約をすることになるので、実際に契約をする
ー法定代理人の欠格要件を審査する

新着レッスンノート

事例問題で正誤を判断し、知識を確実なものとする 37条(いわゆる契約書)書面に記載すべき事項と重要事項説明書に記載すべき事項を区分して明確に理解し最終的に覚える 35条と37条に重複しているものは、5つあるが、35条は、必ず記載することが必要だが、37条は、定めがあるときに記載すること...

重要事項の説明 書面の交付 まず、宅建士の職務は3つ (1) 重要事項の説明 (2) 重要事項説明書への記名押印 (3) 37条書面(契約書)への記名押印 この3つの職務は、宅建士であれば誰が行ってもよい 重要事項の説明 説明事項に何があるのか 37条書面に記...

誇大広告等の禁止 おとり広告は、最大の誇大広告にあたる 未完成物件のみの規制 広告開始時期の制限、契約締結等の時期の制限 許可、確認等があった後でなければ、広告、契約をしてはならない ここで注意すべきことは、広告開始時期の制限は業者がタッチする契約はすべて規制されるのに対...

事例問題によって知識の確認、知識の整理 登録の移転 移転は任意、移転ができるのは、移転先の都道府県で働くことが必要 住所の移転は、理由にならない 宅建士証は、残存期間 営業保証金 保管替えができるのは、金銭のみで供託しているとき 有価証券のみ、金銭と有価証券の併用で供託し...

都市計画法 都市計画区域、都市計画区域外、準都市計画区域の定義 都市計画区域 まちづくりをする場所 都市計画区域外 まちづくりをしない場所 準都市計画区域 まちづくりをしない場所 規制のみを、行う 都市計画区域外で定める 区域区分に関する都市計画 都市...

レッスンノート ページ先頭へ

宅建情報

サイタの宅建講師がブログを通して、宅建情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

宅建の先生

@TakkenCyta