サイタ資格取得講座宅建講座 東京 近藤文義の宅建スクール レッスンノート 合格を確実にするための必要条件

合格を確実にするための必要条件

宅建講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスン、お疲れ様でした!

今回のレッスンでは、今年の本試験で確実に合格を手に入れるための必要条件をいくつか挙げて説明をさせていただきました。

ひとくちに「条件」といっても様々なものが考えられますが、使用する学習教材の重要性については多くの場合に指摘される点だと思います。

さらに今回はこの点に加えて、10月の本試験まで学習を継続していくうえでのペースづくり、また、それを支えるメンタル面についても、時間を多めにとってアドバイスをさせていただきました。

学習のペースづくりの第一歩として、ごく大まかではありますが、中・長期的な学習プランを提示させていただきましたので、これを叩き台として、お仕事の繁忙期なども考慮に入れたプランを練ってみてくださいね。

そのようにしてプランの策定ができたら、それを実現するために学習を継続していくことになるわけですが、ここでは、日々の学習ペースを維持することが重要な課題といえるでしょう。

例えば、お仕事で学習時間が十分に確保しにくいときなど、学習のペースが大きく低下することによって、モチベーションにまで悪影響をもたらすおそれがありますが、この点を克服するアイテムの一つとしておススメの使用教材をご紹介させていただきました。

具体的な利点として、各テーマのボリュームや構成の仕方など、学習ペースの低下を回避しやすい作りであると考えられますので、「最低でも1日に1テーマ」のようなノルマを設けて教材を進めていくのも、課題の克服に大変役立ちますよ。

もちろん、内容的に難解であったり理解しにくい箇所などでは進行のペースが鈍り、そのこともモチベーションを低下させる原因になってしまうこともありますが、この点への対策としては、定期的なレッスンをペースメーカーのように活用して確実な理解を図っていくことが最も効果的といえるでしょう。

以上のような方法で学習に取り組んでいただだき、着実かつ十分に実力を蓄えて今年の本試験での合格を勝ち取りましょう!
新着レッスンノート

レッスン、お疲れ様でした! 今回は、前回の「宅建業法」の過去問集で残っていた設問をみていきました。 分量的には多くはありませんでしたが、重要論点を含んでいるものも結構ありました。こと「宅建業法」に関しては、いつどこから出題されても答えられるくらいにしておくのが理想ですので、いまのう...

レッスン、お疲れ様でした! 今回は、今年の本試験に向けての勉強再開ということで、「宅建業法」から取りかかってみました。 昨年の勉強での蓄積があることから、今回は、テキストを最初から読み込んでいくのではなく、あらためて過去問を解きながら、知識の記憶を喚起する方法でレッスンを進めていき...

レッスン、お疲れ様でした! 今回は、目前に迫った本試験を前に、あとワンランク得点力を伸ばしておきたい分野として「法令上の制限」、とりわけ「都市計画法」と「建築基準法」についてレッスンをおこないました。 模擬試験では、いまひとつ得点を伸ばしきれていないということで、苦手意識が生じてい...

レッスン、お疲れ様でした! 今回は、久しぶりに「宅建業法」をレッスンしました。「宅建業法」でしたら、完全に独学でも高得点を狙えるだけのポテンシャルはお持ちですので、こちらも、ご自身での勉強にお任せしておりました。 思っていたとおり、どのテーマに関する設問についても、正しい理解を身に...

レッスン、お疲れ様でした! 今回は、本試験目前ということで、まだ少し残っていた過去問を解いていき、すべて解き終えることができました。 若干やり残したと感じたところもあるかもしれませんが、内容的には同様のものが多いと思いますので、今回解き終えたところまでで、本試験での出題可能性が高い...

レッスンノート ページ先頭へ

宅建情報

サイタの宅建講師がブログを通して、宅建情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

宅建の先生

@TakkenCyta