サイタ資格取得講座宅建講座 東京 近藤文義の宅建スクール レッスンノート 権利関係(「代理制度」の過去問演習)

権利関係(「代理制度」の過去問演習)

宅建講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスン、お疲れ様でした!

今回は、「代理制度」における様々な論点に関する過去問の演習を行いました。

テキストのページ数や過去問集に収録されている問題数からも分かるように、「代理制度」には非常に多くの論点が含まれていることから、各論点の位置づけを明確にしておくことが必要となります。

ここでは、「代理制度」の各テーマにおける重要論点を簡潔に整理しておきますので、復習の際には、設問の内容がどの論点に関するものであるかを確かめながら解き直してみるとよいでしょう。

①「代理権」(本人と代理人との間の関係と考えておけばよいでしょう)
・"自己契約・双方代理"の原則(禁止)に対する例外(許容)の要件
・代理権の"消滅事由"("本人"の後見開始は消滅事由に該当しない点には要注意です)

②「復代理人」(「代理権」から派生するテーマといえるでしょう)
・代理人が復代理人を選任できる場合(任意代理と法定代理との違いを押さえておきましょう)
・復代理人の行為について代理人が負う責任の内容(これについても任意代理と法定代理との違いを押さえておきましょう)

③「代理行為」(代理人と相手方との法律行為と考えておきましょう)
・"善意・悪意"等によって法律行為の効力が影響を受ける場合の判断基準(本人を基準にするのか、代理人を基準とするのか)
・"制限行為能力者"を代理人とすることの可否

④「無権代理」・「表見代理」(「代理権」がないにも関わらず代理行為をした場合の問題ですね)
・無権代理の相手方がとりうる対策、すなわち「催告」、「取消し」、「履行・損害賠償の請求」をする場合における要件(要否および内容の違いに注意しておきましょう)
・本人または無権代理人に相続が生じた場合における無権代理行為の効力(相続が生じたのが本人か無権代理人かにより、判例の結論は異なっていましたね)
・無権代理であるにも関わらず、"表見代理"として本人に効果が帰属する場合(3つのケースがありますので、それぞれの場面をイメージしたうえで要件を確認しておいてくださいね)
新着レッスンノート

レッスン、お疲れ様でした! 今回は、本試験の自己採点の結果を踏まえ、来年こそ確実に合格を果たすための戦術を練ってみました。 宅建の受験勉強を開始してから必ずしも十分な期間を経ないなかで迎えた今年の本試験でしたが、それでも得点的にみて上々といってよく、来年に大きな期待が持てる結果だっ...

レッスン、お疲れ様でした! 今回は、総仕上げの締めくくりとして、「法令上の制限」を中心にテキスト・過去問の総復習を進めていきました。 これまでの学習において、基本かつ重要論点はほぼ網羅してきましたので、最後の詰めとして、このような部分をひととおり見直しておきましょう。 本試験...

レッスン、お疲れ様でした! 今回は、本試験を間近に控え、模試の復習をおこないつつ、その受験結果から浮かび上がった課題をいま一度明確にしてみました。 本試験まであとわずかの期間ではありますが、今回のレッスンにおいて明確にした課題を克服できれば、本試験で大きく得点を伸ばせるはずですので...

レッスン、お疲れ様でした! 今回は、本試験前最後のレッスンということで、確認程度に模試の復習をおこなったうえで、本試験に臨むにあたっての注意点なども簡単にアドバイスさせていただきました。 模試の復習に関しては、この時期ですので、テキストにも記述のない論点を無理やり詰め込もうとする必...

レッスン、お疲れ様でした! 今回は、前回の「宅建業法」に続き、「権利関係」についての総仕上げとして、事前に用意してきていただいた質問事項をテンポよく消化していきました。 これまで数回にわたって繰り返し学習してきましたので、質問事項もかなり絞られてきており、本試験に向けて着実に学習を...

レッスンノート ページ先頭へ