資格取得講座宅建講座レッスンノート 体験レッスン(ガイダンス)

体験レッスン(ガイダンス)

宅建講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスン、お疲れ様でした!

今回は、体験レッスンということで、これから宅建の試験勉強を開始するにあたり、宅建の学習一般に関するご説明をさせていただきました。

具体的には、①宅建試験の概要、②学習教材のご紹介、③本試験までの学習スケジュールのご提案、④授業の頻度・時間のご相談、が主な内容となりました。

再度確認しておきますと、②に関しては、テキスト・過去問集がメインとなりますが、こちらでご紹介をさせていただいた教材のように、テキストと過去問とをリンクさせた学習をしやすいものを利用することが、学習効果の面からもおススメですよ。

③・④に関しては、学習開始の当初においては、ご自身でも進行のペースを把握しにくく、スケジュールや学習時間などの見込みが難しいかもしれませんので、ひとまず、今回ご提案させていただいた内容を参考にしていただければよろしいかと思います。

宅建はもちろん、あらゆる試験に共通することですが、個々の受験生の間に学力レベルの差はほとんど無く、むしろ合否を決定づけるのは、"いかにして自分にとって最適な学習方法を確立し、どれだけそれを徹底して反復・継続できるか"、ということですので、ぜひ自分自身のポテンシャルを信じて、頑張ってくださいね!
このレッスンノートを書いたコーチ

司法書士やFPの資格も所持。モチベーションが持続する宅建の勉強方法とは

近藤文義の宅建スクール
近藤文義 (宅建)

東京・新橋・品川・渋谷・新宿・高田馬場・上野・秋葉原・浜松町・田町・西船橋・御茶ノ水...

レッスンノート ページ先頭へ

宅建情報

サイタの宅建講師がブログを通して、宅建情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

宅建の先生

@TakkenCyta