資格取得講座宅建講座レッスンノート 不法行為から不動産登記法まで

不法行為から不動産登記法まで

宅建講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスン、お疲れ様でした!

今回は、「権利関係」の残りの部分、「不法行為」から「不動産登記法」までを学習しました。

今回の範囲では、学習項目が多岐にわたっており、相当にボリュームもありましたので、授業の際にチェックしていただいたポイントを優先的に復習していただき、その後でもう一度、範囲全体を通読していただくと、復習の効果が一層高まると思います。

とりわけ重要だったテーマを挙げますと、「借地関係」・「借家関係」になりますので、これらに関していくつか確認しておきますと、「借地関係」では、①「借地権」とは"建物の所有を目的とする"地上権・土地賃借権ということ、②「借地権」の種類として、「普通借地権」と「定期借地権」とがあり、さらに「定期借地権」には3つの種類があること、③借地契約の更新事由とその具体的内容、を押さえておきましょう。

また、「借家関係」では、①「期間の定めが"ある"場合」の更新拒絶、②「期間の定めが"ない"場合」の解約申入れ、がやや複雑だったと思われますので、それぞれどのような手続きであったかを見直してみてくださいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

司法書士やFPの資格も所持。モチベーションが持続する宅建の勉強方法とは

近藤文義の宅建スクール
近藤文義 (宅建)

東京・新橋・品川・渋谷・新宿・高田馬場・上野・秋葉原・浜松町・田町・西船橋・御茶ノ水...

レッスンノート ページ先頭へ

宅建情報

サイタの宅建講師がブログを通して、宅建情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

宅建の先生

@TakkenCyta