サイタスポーツ教室ストレッチやり方教室 東京 キレイになるデトックスストレッチ レッスンノート 正しく理にかなった立ち方に使われる筋肉の意識

正しく理にかなった立ち方に使われる筋肉の意識

ストレッチやり方教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした。

正しく理にかなった立ち方には、
お腹の力が必要である、ということを確認しました。

四つん這いになってのキャット&カウ
(仙骨を前傾&後傾することで背骨がしなる動き)
の骨盤が後傾した状態のように、

お尻を下げること
お腹を引き上げること
胸は張るが、あばらはしまうこと
足裏、足指でしっかり大地をつかむこと

初めてなのにバッチリできていました。
これからもどんどん、
背中と壁の間に隙間がなくなっていかせますよ〜。

背中で握手のため
肋骨と肩甲骨をバラバラにするため、
呼吸のストレッチをしました。
12カウントはいて、6カウント吸う
まだまだいけそうでしたね。
これからもカウント数を増やしていきます。
背中で握手の左右差も
徐々になくしていきたいと思います。

ゴルフボールのすすめ
すべての道は足裏に通ず。
人間は、毎日アスファルトの上を歩くので、
足裏が硬くなりやすいです。
足裏もしっかりほぐすことで、
床をしっかり握れるようにしていきたいです。
立つ、座る、歩くの基本的な動きは
足裏にかかっています。
このレッスンノートを書いたコーチ

運動音痴でも大丈夫!デトックス効果も狙える良いこと尽くめなストレッチ

新着レッスンノート

右肩を上げると違和感がある とのことだったので 体の上の部分で頑張りすぎないよう 下半身を安定させることをしていきました。 ブロックを股にはさむことで 坐骨を寄せる動きが自然にできます。 坐骨を寄せると筋肉の連結により 下腹が凹みます。それが下半身が安定した合図です。 ...

大人は体をパーツとして捉えるけど 子供は体を一つとして捉えるので 偏りや痛みが少ないです。 なにかを拾うときに 手先だけで取ろうとせずに 体を近くまで痩せてから 両手でしっかりつかむ あぐらをかいてる状態から 体を起こし 両手を前について おなかを中心に体全体を使っ...

肩と骨盤の連動を見て 股関節の硬さを肩関節でおぎなっている 下半身の安定感がないので首が緊張してしまう ことがわかったので 肩と骨盤の連動をスムーズにするワークをやりました。 首や肩に重心があがってるので 丹田と会陰に重心を下げる動きをしました。 なんどもやること...

姿勢を正す時やその他様々な動きをする際 胸のあたりで頑張るクセがあります。 みぞおちをゆるめる=背中のカーブをつくる ことをやりました。 四つん這いでのバリエーションで 意識を 呼吸 背中のカーブ 頭の位置 呼吸…と 何度もループすることで 一点集中から広い範囲で...

ストレッチをしてから動くのではなく 動かしてからストレッチをする ということをしていきました。 ゴルフボール エア縄跳び 四つん這い 手あげ足上げバランス 股関節回し お尻の下を縮め鼠蹊部を伸ばす 仰向け 膝下に足裏を置いて腰を持ち上げるとお尻の下部に ...

レッスンノート ページ先頭へ

ストレッチ情報

サイタのストレッチ講師がブログを通して、ストレッチ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!