サイタスポーツ教室ストレッチやり方教室 東京 キレイになるデトックスストレッチ レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

ストレッチやり方教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れ様でした。
首、肩、肩甲骨が
こっているとのことで、
体のラインを拝見させていただきました。

横から見たときに、
股関節の下の大転子と耳が前にでており
顎が前にでているため、
首と肩甲骨をつないでいる筋肉が
常につっぱるために肩周りのこりが
あるとわかりました。

骨盤の一部である仙骨を
立てることができると
胸が開き、顎がおさまります。
仙骨を立てるには、
お腹をえぐる動き、
お腹をえぐるには
脚力、
脚力には足裏で床を握るくらい
押すことができる力を

ということで
足裏をゴルフボールで
しなやかにすることから
はじめました。
左右5分ずつで
ふくらはぎまで柔らかくなります。

お腹をえぐって仙骨を立てる意識は、
前屈がわかりやすいので、
あぐらでの手押し前屈をしました。
かなり倒れることができてましたね!

また、肩周りが痛い時は
肩周りをあたため、ほぐしてあげてください。
お風呂は首までつかるのをおすすめします。

首や肩を回しすぎると
神経が傷つきやすいので
肩甲骨の上の角(上角といいます)
を押して緩めて下さい。

また、肘のくぼみで痛気持ち良い場所を
押して緩めて下さい。

目、肩、肘、手首はつながっています。
両手用のトラックボールマウスもおすすめです。
このレッスンノートを書いたコーチ

運動音痴でも大丈夫!デトックス効果も狙える良いこと尽くめなストレッチ

新着レッスンノート

体が自分なのではなく 体を動かす意識の方が自分なので 意識を変えるだけで体は変わる ということをしました。 横隔膜と肋間筋の場所と動き 脚と腕の場所と動き 前屈は 手を床につけることより ももとお腹をつけるという意識 後屈は 腰をそることより 腰や脇を伸ばし...

身体は使い方の意識を変えることで一瞬で変わります。 前屈 手をこすり合せる 前屈 最初より前屈がしやすくなる 身体の癒着をとるため 呼吸を深めるため横隔膜のあたりをマッサージ 肋間筋をほぐす 肩首回りをほぐすため頭をほぐす 前屈 最初より前屈がしやすくなる 股...

右肩を上げると違和感がある とのことだったので 体の上の部分で頑張りすぎないよう 下半身を安定させることをしていきました。 ブロックを股にはさむことで 坐骨を寄せる動きが自然にできます。 坐骨を寄せると筋肉の連結により 下腹が凹みます。それが下半身が安定した合図です。 ...

大人は体をパーツとして捉えるけど 子供は体を一つとして捉えるので 偏りや痛みが少ないです。 なにかを拾うときに 手先だけで取ろうとせずに 体を近くまで痩せてから 両手でしっかりつかむ あぐらをかいてる状態から 体を起こし 両手を前について おなかを中心に体全体を使っ...

肩と骨盤の連動を見て 股関節の硬さを肩関節でおぎなっている 下半身の安定感がないので首が緊張してしまう ことがわかったので 肩と骨盤の連動をスムーズにするワークをやりました。 首や肩に重心があがってるので 丹田と会陰に重心を下げる動きをしました。 なんどもやること...

レッスンノート ページ先頭へ

ストレッチ情報

サイタのストレッチ講師がブログを通して、ストレッチ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!