サイタ音楽教室ボーカルスクール声楽 宮城 氷水声楽スクール レッスンノート 曲に特化したレッスン

曲に特化したレッスン

声楽教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!
歌う際の身体の使い方がしっかり分かっていらっしゃったので、とてもやりやすくレッスンさせて頂きました。綺麗な歌声で、声質も自由自在に操り素晴らしいものをお持ちですね、羨ましいくらいです。
ぜひ、自分の納得する歌を歌えるように頑張ってください!

さて、以下レッスンで行った覚書です。
歌う際の参考にしてみてください。

【発声練習】
1.母音の「あ」でドレミファソファミレド
歌い方と音域チェックをかねて、特に歌い方の指定はせずやりました。少し緊張されていましたが素直に声を出せており、変に力んだ歌い方も響きの散る歌い方もされていなかったのでとても良い歌声作りされていらっしゃいますね。
高い音域を出すのが難しいのはとっても勿体無い!声質的にソプラノに向いており非常に倍音も含んでいて良い声をしています。ぜひ高音コントロール出来るようになりましょう!
高音出す為のレッスン内容は【高音を出すポイント1、3】として下記にまとめてあります。

2.A-HA-HAでドミソドソミド
スタッカートを少しした後、レガートで行いました。
高い音がどうしても苦手意識があるのがもったいない!【高音を出すポイント2】でやった声の響きでこの発声練習したら高い音もしっかり出せていましたよ!
音程もブレずに良かったです。

3.母音の「あ」でファミレドレミファ
低音の発声練習。
しっかりレガートで出せていて非常にgoodでした。
音が低くても出し方は高音と同じ。
しっかり横隔膜に息を入れて下腹部で支えを作り喉を開けて声を出していきましょう。


【高音を出すポイント】
レッスンて実際にやった時、できていたので大丈夫。
高音伸びるしコントロールできますよ!
息漏れ対策にも繋がりますのでぜひ練習に取り入れてみて下さい。

1.椅子に座って足上げ+胸を開く動作
足上げは腹筋の使い方そのものです。実は背筋も使っているので、筋肉を使って高音を出す時はこれが一番です。体幹がしっかりしていないと声を支える事が出来ないので普段の練習に取り入れてみて下さい!
胸を開くのは声篭り防止と意識的に身体の力をコントロールする目的があります。
肩が内側に入ってしまうと声帯が閉じて声が出なくなったり腹筋・背筋・喉周りの筋肉で使いたい筋肉が使えなくなってしまうので、胸は絶対に開きましょう。

2.猫の鳴き声から高音への着地
下から飛ぼうとすると高音は出しにくいですが、もっと高い音から出したい高音へ降りてくればそんなに高くないし出しやすいものです。
自分にとって滅茶苦茶高い音を2〜3回回して出したい高音に着地し、声の響きと高さを覚えます。
高音に苦手意識を持ってしまうと、歌う際にどうしても出るか不安になって身体に不要な力が入ってしまいます。
高音出るかな、と不安になると絶対に出なくなるから絶対出る!出せる!と自己暗示かけつつやりましょう!

3.口の中の空間を潰さない
頬骨が上がりきらず、口の中の空間も狭くなっていて声を響かせる場所が少し窮屈な印象でした。
無理やり笑わなくて良いので、頬骨は上げること。
そして口の中の空間を作ったら舌を下あごにつけつつ少し前に出すようにしましょう。
そうすると声帯が開き、声帯と鼻腔共鳴で作り出した良い声が口の中の空間で更に共鳴して声を前に出しやすくなります。
高音は沢山の共鳴の力を借りないと中々出ないので、吸った息を全部共鳴させてしっかりと口(と鼻)から声を出しましょう。
頬骨を上げる事によってピッチがフラットしなくなる効果もありますので要チェックポイントです!



【レッスン曲】
ひとかけらの勇気/スカーレット・ピンパーネル
短いアリアの部分ですね。
しっかり声質を作って大人の女性らしい声で歌う事が出来ていてとても素晴らしかったです。
フレーズの歌い方もしっかり考えて歌っていらっしゃったのはとても好感が持てました。素晴らしい。


1.言葉の子音の言い方
「不正」(Fu)
「ひとかけら」(Hi)
「勇気」(Yu)
「私に」(Wa)
などの言葉は頭の子音をしっかりと発音しましょう。
喋るように発音してしまうと客席まで歌詞の内容が伝わらない子音たちなので唇の形や動かし方に気を付けて発音!


2.歌う準備を早めにする
歌う直前でブレスしていると、身体の準備が間に合わず歌がブレてしまいます。
歌詞が詰まっているところは仕方がないのですが、長めの間奏や入りまでの時間がある時には2拍前位から歌う準備をして身体を作っておきましょう。


3.言葉の子音を早めに言う
拍の頭に子音を言ってしまうと遅れて聴こえる上に次の歌詞や音程に対する身体の準備が遅れてしまいます。
拍の頭には母音が来る位、少し早めに発音しましょう。


4.声のポジションを崩さない
「愛し合える至福の日は 来るのだろうか」
ブレスをすると決めたらしっかり吸って「来るのだろうか」はブレずに歌い切りましょう。その歌っているポジションが次のフレーズを歌いきれるかの肝になりますので腹筋と声の響きしっかり!

「私は見過ごしはしない」、ワンブレスで行くのが難しければ「しない」の前で切りましょう。ただし息の吸い方は息継ぎの為にブレスするのではなく「しない」をより緊迫感のあるようにするため鋭く吸うのがポイントです。「しない」の歌い方が安定すると最後のフレーズもしっかり歌いきれます。


5.盛り上がり1オクターブあがる練習
「この国に嵐」「私は見過ごしは」の部分

5-1.「あ」で練習
間にポルタメント(ずり上がり)を入れていいので滑らかにオクターブ移動できるように。
高い音に向かって腹筋を押す、大きな声を出すイメージです。高音どんな声の響き?出し方?と分からなくなったら【高音を出すポイント】に戻って確認!

5-2.母音唱法での練習
5-1.でやった練習を今度は歌詞の母音だけで練習。
声の響き、腹筋の使い方は5-1.と同じで母音を変えるだけ!

5-3.実際の歌詞で繋げる
子音を乗せてしっかり歌えるようになっていればOK。


6.母音唱法での練習
「この国に嵐吹き荒れても」の後半。
音程がガタガタ動くので声の響きも一緒にガタガタ動かないように。歌いにくくなってしまう!
声の響きが母音全て同じ場所に当たっていればそんな事起きないので、母音だけでメロディラインを歌い声の響きを揃えましょう。揃ったら子音を乗せて慣らし、あとはフレーズ感をつけていきます。


短い時間の中でかなりの事を詰め込みましたが、素質がおありなのできっとうまく取り入れて歌って下さると信じています。
全体的に音程がフラットしてしまっているので、メロディライン打ち込んだ音源を聴くよりは、楽譜を持ってしっかりと音取りをして欲しいなぁ…と願うばかりです。環境的に難しいと思うので、自分の歌う音をカラオケ音源の中で見つけて、その音を基準に歌えるよう耳を鍛えてみて下さいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

聖歌隊・CM曲・アニソンバンドなど多彩に活躍!カラオケでハモりたい方も

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした! レッスンで行ったのは以下の内容となります、今後の参考になさってください。 【発声練習】 1.母音の「あ」でドレミファソファミレド ド一発目の声の出し方が変わりましたね。ご自身の良い声の出し方みたいなものが分かってきたのかな?という手ごたえを感じました。...

レッスンお疲れ様でした! レッスンで行ったのは以下の内容となります、今後の参考になさってください。 【発声練習】 1.母音の「あ」でドレミファソファミレド 声出しの調子を確かめるには一番慣れているものから。慣れてきていて声の切り替え部分もスムーズにいくようになってきましたね。声...

レッスンお疲れ様でした! レッスンで行ったのは以下の内容となります、今後の参考になさってください。 【発声練習】 1.母音の「あ」でドレミファソファミレド 声出しの調子を確かめるには一番慣れているものから。地声から裏声に抜ける高音部分の声が出るようになってきましたね。声を飲まず...

レッスンお疲れ様でした! レッスンで行ったのは以下の内容となります、今後の参考になさってください。 【ブレス練習】BPM:60 1.1+7 2.1+11 ロングブレスは大丈夫そうですね。声の安定性とフレージング作りにブレス練習はかかせませんのでこれからも続けていきましょう! ...

レッスンお疲れ様でした! レッスンで行ったのは以下の内容となります、今後の参考になさってください。 【ブレス練習】BPM:60 1.1+7 2.1+11 ロングブレスは大丈夫そうですね。声の安定性とフレージング作りにブレス練習はかかせませんのでこれからも続けていきましょう! ...

レッスンノート ページ先頭へ