音楽教室ボーカルスクール声楽レッスンノート フレージングの取り方

フレージングの取り方

声楽教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

まず、呼吸の動きで腰のあたりの筋肉を支えに使う事を少しお話ししました。

背中のしたの方から腰の筋肉は、身体を支え正しい複式呼吸をサポートしてくれますので、肩に力が入るなぁなど、他のところにちからが入り過ぎたら、しっかりこしに落としてあげてください。

息をこめかみから上方へ送るのに有効な空気圧の話をしました。自分の中の空気圧をいつも一定に保っていると、息をおくる時にとても楽です。
タイヤに空気を入れるポンプを思い浮かべて、自分の体が息を送る装置であると思って見てください〜

「い」の母音がとてもお上手でした。
い、は潰れがちなのですがしっかりと息が通っていて、しかも声帯を合わせやすい母音なので、実音もあり、とても良かったです。

ハミングは喉に力がはいるので、声をつめてしまいがちですが、喉を鍛える、音を鍛える練習になる時があります。

ハミングで強い声と、息の入った抜けた声を両方出せるようにすると良いです。
あまり、長くハミングをしないようにしてください

息はまっすぐ上方へ、声を抜いて息だけの通り道を感じる歌い方と、声帯をしっかり鳴らした、強い声を交互に試しながらやると、強い声を出した時も息が通るようになります。

なるべく息を通す歌い方を多めにいれてやってみてください。

フレーズの中で音の出だしと跳躍する時、
声帯を通る息のスピードはlentoで、ということをやりました。
スピードが早いと声帯はうまくなってくれません、柔らかくゆっくりと音を操作して行きましよう。

流す息のスピードが優しければ優しいほど、音の入りがスムーズです。

あとは、フレーズの途中に出てくる高い音を、ゆっくりとした動きで、後ろ斜め上に引きながら歌うやり方をしました。
すぐに出来ていたので、感覚を覚えておいてください〜!

フレージングの取り方で、跳躍の前の音を分解してワンテンポ前に次の音のポジションや息の流す準備を終えてしまう、という歌い方たをやりました。

これは、慣れてくると面白くなってきます。
このフレーズがどうすれば楽に、また綺麗に行くのか見えてくるようになるので、
歌いにくいなぁと思ったら、フレーズを分解して見てください。

あとは、以前もやった一つの音の響きのなかに、次の音をや細かい動きの音をいれてしまうやり方など、Jポップを歌う時は結構使います(*^^*)

巻き舌をやっていただいてもらったせいか、した顎の余計な力が気にならないレッスンでした。

息が通っていて、舌の根の力が抜けていたので、とても良かったです!
このレッスンノートを書いたコーチ

イタリアで多くのコンサート出演。ゼロから好きな曲を「歌い上げる」お手伝い

レッスンノート ページ先頭へ

声楽情報

サイタの声楽講師がブログを通して、声楽情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

声楽の先生

@SeigakuCyta