サイタ趣味の習い事将棋教室 東京 須藤の将棋教室 レッスンノート まずは、10枚落ちから!

まずは、10枚落ちから!

将棋教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

このたびは体験レッスンを受講くださり、誠にありがとうございました。

レッスンでは、まず、実際の将棋の駒に触れていただき、お持ちの「おおきな森のどうぶつしょうぎ」の動物たちとの対応を確認していただきました。

そして、私の方がきりん(飛車)、ぞう(角行)、いのしし(香者)、うさぎ(桂馬)、ねこ(銀将)、いぬ(金将)をなくした「10枚落ち」の実戦をしてみました。

10枚落ちでのポイントは
①力の強い、きりん(飛車)・ぞう(角行)を敵陣に侵入させパワーアップさせる
(=成る)
②パワーアップしたきりん(竜)、ぞう(馬)を協力させて、相手のらいおん(王将)を捕まえる(詰ます)
の2つです。
特に2つ目、いくらパワーアップしたとしても、動物一匹(駒一つ)では相手のらいおん(王将)を捕まえる(詰ます)ことはできないことを確認していただきました。
協力させるとは、例えば

パワーアップしたきりん(竜)を相手のらいおん(王将)が取ろうとしても、そのらいおんをパワーアップしたぞう(馬)でとることができる
=パワーアップしたきりん(竜)を相手のらいおん(王将)が取ることができない

ということです。

これをマスターすることで、私のヒントなしで10枚落ちで勝つことができますよ!
このレッスンノートを書いたコーチ

将棋歴20年、プロの将棋界にも精通。「熱い」レッスンをお届けします!

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回のレッスンも駒落ちのハンデ戦を中心にしていきました。 もちろん平手戦となれば、両陣営とも駒がそろっていて、なかなか隙はないものですが、 駒落ちでは相手(上手)の駒がないわけですから、隙が生まれやすいです。そこを狙っていきましょう! そして、それは平手戦...

レッスンお疲れ様でした! 久しぶりの将棋レッスン、ありがとうございます。 久しぶりでしたが、駒の動かし方、駒を取ること、成ること、問題なかったですね。 十枚落ちでの竜と馬を協力して相手玉を詰ますことも思い出していただきました。 そして、九枚落ち。 終盤にて、相手玉を詰ますために、...

レッスンお疲れ様でした! レッスンでは、久しぶりに、将棋倶楽部24の実戦の振り返りを行いましたね。 振り返ることで、課題点を見つけ、それを克服することは、将棋でも大切なことです。 今後とも、バランスよく、将棋上達のためのレッスンをしていきましょう!

レッスンお疲れ様でした! 中盤において 4つの形勢判断の要素 ①駒の損得 ②駒の効率 ③玉の固さ ④手番 のどれを最優先で考えるべきか、その局面局面で考える必要がありますが、 その際に、「リスク」で考えるとよいと思います。 例えば、相手の狙いに、こちらが駒損したり...

レッスンお疲れ様でした。 中盤の考え方は、序盤、終盤に比べて、難しいです。それは、中盤のついて扱った本が相対的に少ないことからもわかります。 それでも、基本的考え方は、4つの形勢判断の要素 ①駒の損得 ②駒の効率 ③玉の固さ ④手番 について、自分に有利になるような手を探して...

レッスンノート ページ先頭へ