趣味の習い事将棋教室レッスンノート 棋力向上にむけて

棋力向上にむけて

将棋教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

このたびは体験レッスンを受けてくださり、ありがとうございました。

事前に教えてくださった将棋倶楽部24のHNや、レッスンで指してみた将棋から、
今後、棋力を向上させるためのヒントが見えてきましたね。

【序盤】
・慣れてない戦法を相手にされて、それで負けてしまった場合、その戦法の対策をその都度考えていきましょう。
当面は、対石田流三間飛車対策でしょうか。(石田流が後手番の場合)、▲4七銀の形を作るのももちろん有力ですが、▲2六飛とういて、△3六歩からの交換を防ぐこともできます。そのあと、居飛車穴熊に組むというのも手です(ただし、石田流の場合、微妙な形の違いで、居飛車側の指し手が成立したりしなかったりしますので、その辺の細かい事項は、今後のレッスンで扱っていきましょう)

また、一つその戦法を指すと決めたら、あまり浮気をせず、しばらくはその戦法を指し続けることも大事かと思います。

【中盤】
・様々な手筋を覚えていくと、指し手の幅が広がります。相手の戦法(囲い)に応じて、どのように攻め、崩していくかも、今後レッスンで扱いたいと思います。

【終盤】
今受けるべきか攻めるべきか、それは互いの玉の安全度をしっかり見極めることによって判断します。その判断のために、
・詰将棋(本を反対にして、どのような詰めろがかかっているかを判断するのもいい訓練になります)
・受け方、粘り方に慣れる
といったことが重要になってきます

【何よりも】
今すでになされているように、指した後にその将棋を振り返ることが大事ですね。それにより、同じミスは繰り返さずに、指し手をどんどん改善していくことができますので。

これらのことを念頭に置けば、たとえ時間がかかったとしても、必ず棋力は向上していきます。今後は上記の事項を踏まえて、レッスンを扱っていければと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
このレッスンノートを書いたコーチ

将棋歴20年、プロの将棋界にも精通。「熱い」レッスンをお届けします!

須藤の将棋教室
須藤大輔 (将棋)

西日暮里・日暮里・上野・御徒町・秋葉原・御茶ノ水・水道橋・飯田橋・平井・北千住・綾瀬...

レッスンノート ページ先頭へ