趣味の習い事将棋教室レッスンノート 矢倉戦 ▲4六銀戦法のついて その2

矢倉戦 ▲4六銀戦法のついて その2

将棋教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
今回のレッスンでは、前回に引き続き、現在の矢倉戦の主要な作戦である、▲4六銀戦法の続きを解説できました;

初手からの指し手
▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀△3四歩 ▲6六歩 △6二銀
▲5六歩 △5四歩 ▲4八銀 △4二銀 ▲7八金 △3二金
▲6九玉 △4一玉 ▲5八金 △5二金 ▲7七銀 △3三銀
▲6七金右 △4四歩 ▲7九角 △3一角 ▲3六歩 △7四歩
▲3七銀 △6四角② ▲6八角 △4三金右 ▲7九玉 △3一玉
▲8八玉 △2二玉

→王を囲いつつ、攻撃態勢を整えていきます。

▲4六銀 △5三銀 ▲3七桂 △9四歩  ▲1六歩 △1四歩
▲2六歩 △7三角 ▲3八飛 △9五歩  ▲1八香

→ここまでは、前回も内容と同じです。

△2四銀 ▲2五桂 △4五歩

→ここで後手は、先手の右の桂馬が跳ねてくるのを見越して、△2四銀と、先に上がっておきます。その際先手は、単に▲2五桂と跳ねるのがいいでしょう(他にも有力な手はあるのですが、まずはシンプルに桂を跳ねることをお勧めします)。そして、このタイミングでの△4五歩が後手の狙いでした。

以下の指し手
▲4五同銀 △1九角成 ▲4六角 △同角 ▲同歩 △5九角
▲3七角 △同角成 ▲同飛 △1九角 ▲3八飛 △4六角成
▲4四歩 △4五馬 ▲4三歩成 △同金 ▲1九角 △6四歩
▲4八飛 △4六歩 ▲同角 △4四歩 ▲6五歩 以下、難解な勝負。

→先手の銀を動かして後手は角を成ります。先手は角をうまく合わせて後手の馬を消します。その後先手は角の斜めのラインを生かして、後手の飛車をいじめていきます。
この後は、プロ間でもまだ結論が出ていない難解な勝負になりますが、上で言った方針を元に、指していくといいと思います。

【その他、矢倉を指すときの方針】
定跡を覚えても、相手がその通りに指してくれることはあまりないです。ですので、指し手そのものだけでなく、指し手の方針を覚えておくと良いでしょう。例えば、将棋ウォーズでの過去の棋譜にもありましたが、相手が棒銀でくる余地が残っている場合は、矢倉囲いの端歩を突かない、などです。
このレッスンノートを書いたコーチ

将棋歴20年、プロの将棋界にも精通。「熱い」レッスンをお届けします!

須藤の将棋教室
須藤大輔 (将棋)

西日暮里・日暮里・上野・御徒町・秋葉原・御茶ノ水・水道橋・飯田橋・平井・北千住・綾瀬...

レッスンノート ページ先頭へ