サイタ音楽教室篠笛教室 千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート 1.笛についての簡単な説明2....

1.笛についての簡単な説明2....

篠笛教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

1.笛についての簡単な説明
2.譜面の見方、読み方についての説明
3.笛の持ち方について
4.実際に吹いてみる
5.六、五の音を吹く
6.ほたるこい、たこたこあがれを吹いてみる
7.模範演奏
このレッスンノートを書いたコーチ

国指定重要無形民俗文化財、江戸里神楽「若山胤雄社中」所属!

新着レッスンノート

1.長唄「松の緑」を吹く  通して吹いていきます。 始まりは曲をよく聞いてテンポをつかみましょう。 「~ふたばの~吹きかよう」のメロディは難しいので繰り返し練習してイメージをつかみましょう。 後半はいい感じです。 2.「G線上のアリア」を吹く  通して吹いていきます。 ...

1.長唄「新曲浦島」を練習する。  音源に合わせて繰り返し吹いていきましょう。 曲の始まりのテンポをうまくつかみましょう。つかむことができたらご自分の間で吹くようにしましょう。曲を聞きすぎると遅れる傾向があります。  後半のウラ間で吹く箇所はメロディをよく覚えましょう。 2.江戸囃...

1.長唄「新曲浦島」を練習する。  音源に合わせて吹いていきましょう。  吹き出しの6はもう少し遅く入りましょう。唄の「きん~」を聞いてから吹き出しましょう。 斜め線の部分(半拍遅らせて吹く箇所)がうまく吹けないようです。いわゆるウラ間からの入り方を覚えていきましょう。  ~あれいつの...

1.長唄「松の緑」  まず、音源を聞いて曲の感じをつかみましょう。  吹き出しのメロディを覚えましょう。連続音がいくつも続く箇所は音を延ばしましょう。前半は細かい文句なのでスムーズに吹けるように繰り返し練習しましょう。 2.「G線上のアリア」を聞く。  譜面と音源を聞いて運指の...

1.「屋台」の、吹き出し、掛り(2行)、「屋台頭~結び」を繰り返し、「止め、半上げ」の流れを練習します。   運指を忘れているので確認しながら吹いていきましょう。62と52、8が混同してしまうので確実に吹けるようにしましょう。  「掛り」のタイミングを覚えましょう。太鼓の文句に惑わされず吹...

レッスンノート ページ先頭へ

篠笛情報

サイタの篠笛講師がブログを通して、篠笛情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

篠笛の先生

@ShinobueCyta