サイタ音楽教室篠笛教室 千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート 篠笛について

篠笛について

篠笛教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

1.篠笛について

 篠笛は一本調子から十三本調子まであります。今回、私がお持ちしたのは三本から十二本までです。他の楽器(三味線やお琴など)と合わせる場合や洋楽に合わせやすいように改良した笛をお見せしました。このタイプの笛は唄用、ドレミ調の笛と称します。実際に演奏する時、音の高さはその日の気温、湿度、体調等により微妙に変化するので一つの調子でも四段階に音程を分けた笛を揃えて対応します。また、篠笛は孔の位置が決まっていてその音しか出せないので他の楽器が調子を変えた場合、笛を取り換えて対応しています。その他、お祭りや神楽などで使用する笛は古典調と呼ばれる笛を使用します。唄用と古典調の笛の違いは指孔の位置や大きさです。唄用の笛は音程を合わせて孔を開けているので孔の大きさ、位置が古典調の笛と違うのがお解かりいただけたと思います。

2.音出し、譜面について

 まずは息を入れて音を出してみましょう。唄口の当て方は、絵に描いた様な当て方で、唄口の壁に当てるように息を出します。この感覚はご自分で覚えるしかありませんので鏡を見ながら音が鳴った時の状態を覚えておくと良いかもしれません。
 
 現在、篠笛は譜面で練習しているところが多くなっているようです。運指表というものがありそれを覚えて譜面を見ながら練習します。今回は五、六、七の運指を練習してみました。数字一つで音の長さは一拍となります。四拍くらいは音を延ばせるように吹きましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

国指定重要無形民俗文化財、江戸里神楽「若山胤雄社中」所属!

新着レッスンノート

1.「竈門炭治郎のうた」を吹いてみる。 最初から吹いてみましょう。 運指は特に難しくないと思います。聞いていて特に問題ありませんでした。 吹き出しのタイミングを合わせられると良いと思います。ウラ間から入る箇所が多いので難しいと思います。また、延ばす個所も何拍延ばすのか数えて吹くようにして...

1.「竈門炭治郎のうた」を吹いてみる。 最初から吹いてみましょう。 ゆっくりな曲なので譜面を見ながら運指を追っていけばなんとなく曲になります。もう少し練習すれば吹けるでしょう。 八分音符と十六分音符の速さを吹き分けましょう。 間奏は吹かなくてよいと思います。 2.その他 「炎」...

1.篠笛について。  説明はしませんでしたが、篠笛は一本調子から十三本調子まであります。今回、私がお持ちしたのは三本から十二本までです。他の楽器(三味線やお琴など)と合わせる場合や洋楽に合わせやすいように改良した笛をお見せしました。このタイプの笛は唄用、ドレミ調の笛と称します。実際に演奏する...

1.竹笛の箇所を練習する。 吹き出しの部分で、最初の2はいいですがその下の六七をうまく合わせられると更に良くなります。ずれてもその後の唄「~その~やく」の聞いて六五六を合わせられれば大丈夫です。 出だしはテンポが定まってないので自分の間ではなく三味線の間に合わせることに意識してください。 ...

最初から通して吹いていきます。 1.出端 最初のヒシギは長く吹かずにあっさりと吹きましょう。 また、初段、二段も短めにサラリと吹きましょう。 二段の「タウタウ~ター」は三味線の音が途切れたら吹くのをやめましょう。 2.狂言カッコ 最初の二回を吹いてその後の「ヒーイ」の吹き出すタイミ...

レッスンノート ページ先頭へ

篠笛情報

サイタの篠笛講師がブログを通して、篠笛情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

篠笛の先生

@ShinobueCyta