サイタ音楽教室篠笛教室 千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート 音の出し方について

音の出し方について

篠笛教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

 高音が出ない時があるということで吹き方をチェックしてみましょう。

何曲か吹いていただき、気づいた点として、

1.唄口がベストポジションからずれてしまう。

2.唇を締める力が強すぎ(または弱すぎ)て息を出した時「ブーッ」となってしまう。

3.息の入れ方が適切でない。

以上の点があげられます。

1について、唄口からずれてしまうのは誰でもそうなので吹いている途中で微調整ができるように少しづつ上下左右に少し動かしてみましょう。良いポイントが見つかるかもしれません。

2について、口を締める力の加減を意識して吹いてみましょう。意外と口を開いている方が鳴る時があったりします。

3について、息をもっと目一杯入れて吹いてみましょう。または力いっぱい吹いてみましょう。音がかすれるくらい入れてみるとピーッと鳴ったりするかもしれません。

 人により唇の厚さ、歯並び、骨格の違いで必ずしも当てはまらないのですが、色々と試しながら体感していくと段々掴めていけるのではないかと思います。鳴った時、その状態はどうだったか、細かく分析していくことで再現性が高められると思います。とにかく意識して吹くことをお勧めします。また、音を出すとき、真っすぐな音を出すように心がけましょう。

 今回お話したように笛を変えてみるのも手だと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

国指定重要無形民俗文化財、江戸里神楽「若山胤雄社中」所属!

新着レッスンノート

1.「竈門炭治郎のうた」を吹いてみる。 最初から吹いてみましょう。 運指は特に難しくないと思います。聞いていて特に問題ありませんでした。 吹き出しのタイミングを合わせられると良いと思います。ウラ間から入る箇所が多いので難しいと思います。また、延ばす個所も何拍延ばすのか数えて吹くようにして...

1.「竈門炭治郎のうた」を吹いてみる。 最初から吹いてみましょう。 ゆっくりな曲なので譜面を見ながら運指を追っていけばなんとなく曲になります。もう少し練習すれば吹けるでしょう。 八分音符と十六分音符の速さを吹き分けましょう。 間奏は吹かなくてよいと思います。 2.その他 「炎」...

1.篠笛について。  説明はしませんでしたが、篠笛は一本調子から十三本調子まであります。今回、私がお持ちしたのは三本から十二本までです。他の楽器(三味線やお琴など)と合わせる場合や洋楽に合わせやすいように改良した笛をお見せしました。このタイプの笛は唄用、ドレミ調の笛と称します。実際に演奏する...

1.竹笛の箇所を練習する。 吹き出しの部分で、最初の2はいいですがその下の六七をうまく合わせられると更に良くなります。ずれてもその後の唄「~その~やく」の聞いて六五六を合わせられれば大丈夫です。 出だしはテンポが定まってないので自分の間ではなく三味線の間に合わせることに意識してください。 ...

最初から通して吹いていきます。 1.出端 最初のヒシギは長く吹かずにあっさりと吹きましょう。 また、初段、二段も短めにサラリと吹きましょう。 二段の「タウタウ~ター」は三味線の音が途切れたら吹くのをやめましょう。 2.狂言カッコ 最初の二回を吹いてその後の「ヒーイ」の吹き出すタイミ...

レッスンノート ページ先頭へ

篠笛情報

サイタの篠笛講師がブログを通して、篠笛情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

篠笛の先生

@ShinobueCyta