サイタ音楽教室篠笛教室 千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート 篠笛について

篠笛について

篠笛教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

1、音を出してみる。
唄口の当て方、指の押さえ方を確認する。
右手の指はまっすぐにして、左手の指は指先の腹で押さえます。また、左手の親指の位置は押さえやすい位置で構いません。能管と同じ押さえ方でよいと思います。
基本的な運指は問題ありません。大甲音(高音域)は独特の押さえ方があるので慣れていきましょう。

2、「さくら」を吹いてみる。
223―(レレミ―)など連続する音は基本的にタンギングをせず指を打って音を区切ります。
また、0 や七× など独特の押さえ方があります。その他、3×もよく使います。この運指に慣れていきましょう。
連続する音の指打ちも色々ありますので曲によって使い分けができるようになるとよいでしょう。

民俗芸能などではその土地土地でさらに独特の吹き方、運指があります。そういう奏法も練習して篠笛らしい、人を惹き付けられる演奏を目指していければよいのでは、と思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

国指定重要無形民俗文化財、江戸里神楽「若山胤雄社中」所属!

新着レッスンノート

1.「アヴェマリア」を吹く。 譜面を確認しながら吹いていきましょう。運指自体は複雑ではないのでスムーズに吹けています。4#の音程を気にしましょう。 息を長く延ばせるように意識して吹いてみましょう。 付点音符がある場所で少し遅れるようです。うまくタイミングをとるようにしていきましょう。 ...

1.「屋台」を通して吹いていきましょう。 笛吹き出しの「6876-」で68の間に7の音が少し出てしまうので68と確実に押さえられるようにしましょう。 (その一)の後半部分の延ばす拍を確実に覚えましょう。太鼓の文句を打っても惑わされないように。 「屋台頭~結び」の繰り返しで、6287678...

1.江戸祭囃子を通して吹く。 前回より間が空いているのでいろいろと確認しながら通して吹いていきましょう。  「屋台」:掛りからの前半部分のタイミングの取り方ですが、太鼓の「ツ」の間をとってから吹くようにしましょう(合わない所が二か所あります)。また、吹き出しの延ばす箇所を延ばしすぎる傾...

いきなりですが、通して吹いて見ました。どれだけ出来るか、を確認させてもらいました。意地悪をしてすみませんでした。  繰り返し吹いていくと感覚が復活してくるようなので大丈夫です。良い感じです。 「4」の運指ですが、右手薬指の押さえ方だけでなく小指で押さえる方もするように意識しましょう。基本的...

1.ウォーミングアップで、「君が代」を吹く。  音出しの練習で「君が代」を譜面を見ないで吹いてみました。感想としては暗譜できているのでとても良いと思います。ただ、どうしても間違えたりするので今の段階では譜面を見て正確に吹くようにした方が結果的に早く覚えると思います。また、暗譜するのは良いこと...

レッスンノート ページ先頭へ

篠笛情報

サイタの篠笛講師がブログを通して、篠笛情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

篠笛の先生

@ShinobueCyta