サイタ音楽教室篠笛教室 千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート 「幣神楽」の練習(3)

「幣神楽」の練習(3)

篠笛教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

1.「幣神楽」を吹く。
久しぶりのレッスンで忘れている部分が多いですが繰り返し吹いて曲に慣れていきましょう。
メロディはだいぶ覚えていると思います。何回か吹けば運指が追いついていくはずです。
9×89×の運指をスムーズに吹けるようにしましょう。
初めの方の「27×65ー」は半拍の長さです。全て同じ長さで吹けるよう意識して吹いてください。(1)枠の5行目、0202の吹き出しが遅れ気味です。同じく枠の13行目から最後の15行目は譜面をみて確実に吹けるとメロディがわかると思います。
(2)枠の1行目から2行目、このメロディも難しいのでがんばって譜面の通りに吹けるようにしていきましょう。「神招き」は良いと思います。
(3)上げはテンポが一瞬ゆっくりとなります。その後の運指も確実に吹けるようにしていきましょう。
全体的に独特のメロディ、曲調なので大変かと思いますが繰り返し吹いて自分のものにしていきましょう。

2.「投合」の練習。
太鼓Bの文句で合わせられるかの練習です。太鼓の文句でどこが一拍目かを理解しましょう。それをはずさなければ大体合っていくと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

国指定重要無形民俗文化財、江戸里神楽「若山胤雄社中」所属!

新着レッスンノート

音源に合わせて吹いていきます。  最初は曲のテンポが掴みづらいので三味線の音をよく聞いて合わせるように意識しましょう。何回か合わせれば掴めてきているので良いですが、できれば一回目から合わせられるとより良いでしょう。  7×の音程が少し高いです。音をよく聞いて合わせるように意識しましょう...

1.「投合」を練習する。  運指の確認です。  62の連続音は左手中指で打ちましょう。見た感じ、4と52の運指が直に押さえられないようです。その他はスムーズに吹けているので良いと思います。  「上げ」は難しいので繰り返し吹いて感覚をつかみましょう。 2.「屋台」を練習する。...

1.「投合」を練習する。  その一で、五行目の入り方はウラ間です。半拍遅らせて吹きましょう。 六行目の文句は「四丁目」と微妙に違います。分けて覚えてください。また、「2」の運指の時、右手小指を塞いでしまい音程が下がるので意識して小指を開けてください。 62の連続音の指打ちは52の音を...

1.江戸囃子「屋台」を吹く。  「屋台」を通して吹いていきます。 全体的には良いでしょう。段々と出来てきていますが地頭の入り方が微妙にずれます。繰り返し吹いて慣れていきましょう。また、「中の切」も同様です。  テンポの上げ方はかなりいい感じです。その調子でいきましょう。 2...

1.音出し  呂音(漢字の音)から甲音(数字の音)、大甲音まで吹いてみましょう。「7、8、2・」辺りまで音が出ましたので良いでしょう。また、半音(7×、3×等)の練習も少しづつ増やしていきます。 2.練習曲を吹く。  今まで吹いた曲をお浚いしていきましょう。 全体を通し...

レッスンノート ページ先頭へ

篠笛情報

サイタの篠笛講師がブログを通して、篠笛情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

篠笛の先生

@ShinobueCyta