音楽教室篠笛教室レッスンノート 「幣神楽」の練習(3)

「幣神楽」の練習(3)

篠笛教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

1.「幣神楽」を吹く。
久しぶりのレッスンで忘れている部分が多いですが繰り返し吹いて曲に慣れていきましょう。
メロディはだいぶ覚えていると思います。何回か吹けば運指が追いついていくはずです。
9×89×の運指をスムーズに吹けるようにしましょう。
初めの方の「27×65ー」は半拍の長さです。全て同じ長さで吹けるよう意識して吹いてください。(1)枠の5行目、0202の吹き出しが遅れ気味です。同じく枠の13行目から最後の15行目は譜面をみて確実に吹けるとメロディがわかると思います。
(2)枠の1行目から2行目、このメロディも難しいのでがんばって譜面の通りに吹けるようにしていきましょう。「神招き」は良いと思います。
(3)上げはテンポが一瞬ゆっくりとなります。その後の運指も確実に吹けるようにしていきましょう。
全体的に独特のメロディ、曲調なので大変かと思いますが繰り返し吹いて自分のものにしていきましょう。

2.「投合」の練習。
太鼓Bの文句で合わせられるかの練習です。太鼓の文句でどこが一拍目かを理解しましょう。それをはずさなければ大体合っていくと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

国指定重要無形民俗文化財、江戸里神楽「若山胤雄社中」所属!

レッスンノート ページ先頭へ

篠笛情報

サイタの篠笛講師がブログを通して、篠笛情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

篠笛の先生

@ShinobueCyta