サイタ音楽教室篠笛教室 千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート 練習曲を吹く。

練習曲を吹く。

篠笛教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

「ほたるこい」
七の指打ちの仕方を忘れているようです。六の指打ちと同じ指を打つので混同しやすいですが六は左手人指し指を押さえている状態で打ち、七は人差し指を離した状態から打つ、ということを意識して打ちましょう。
「春の小川」
一の音を出す練習です。出しづらいですが意識して出すようにしていきましょう。
「さくら」「荒城の月」
0の運指がうまく押さえられていない時があります。意識して押さえるように。また、練習としては、0202、0六0六、0五0五、などの繰り返しでうまく0の音が出るようにしていきましょう。
「赤とんぼ」
七の音から2へ行ったりと指の移動が大きいので吹きづらいと思います。七2532、などの運指はよく使いますのでしっかりと押さえられるようにしていきましょう。
「とおりゃんせ」
指打ちの練習です。多く打つのでなるべく細かく打てるようにしていきましょう。特に四の指打ちは早く細かく打てると良いと思います。
「星に願いを」
甲音の出し方の練習です。5、6、7、8、52、等の音をきれいに出せるよう口の締め方、息の出し方のコツをつかみましょう。単独で音が出せるようになったら連続して吹いてオクターブ下がらないよう意識しながら吹いてみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

国指定重要無形民俗文化財、江戸里神楽「若山胤雄社中」所属!

新着レッスンノート

1.「竈門炭治郎のうた」を吹いてみる。 最初から吹いてみましょう。 運指は特に難しくないと思います。聞いていて特に問題ありませんでした。 吹き出しのタイミングを合わせられると良いと思います。ウラ間から入る箇所が多いので難しいと思います。また、延ばす個所も何拍延ばすのか数えて吹くようにして...

1.「竈門炭治郎のうた」を吹いてみる。 最初から吹いてみましょう。 ゆっくりな曲なので譜面を見ながら運指を追っていけばなんとなく曲になります。もう少し練習すれば吹けるでしょう。 八分音符と十六分音符の速さを吹き分けましょう。 間奏は吹かなくてよいと思います。 2.その他 「炎」...

1.篠笛について。  説明はしませんでしたが、篠笛は一本調子から十三本調子まであります。今回、私がお持ちしたのは三本から十二本までです。他の楽器(三味線やお琴など)と合わせる場合や洋楽に合わせやすいように改良した笛をお見せしました。このタイプの笛は唄用、ドレミ調の笛と称します。実際に演奏する...

1.竹笛の箇所を練習する。 吹き出しの部分で、最初の2はいいですがその下の六七をうまく合わせられると更に良くなります。ずれてもその後の唄「~その~やく」の聞いて六五六を合わせられれば大丈夫です。 出だしはテンポが定まってないので自分の間ではなく三味線の間に合わせることに意識してください。 ...

最初から通して吹いていきます。 1.出端 最初のヒシギは長く吹かずにあっさりと吹きましょう。 また、初段、二段も短めにサラリと吹きましょう。 二段の「タウタウ~ター」は三味線の音が途切れたら吹くのをやめましょう。 2.狂言カッコ 最初の二回を吹いてその後の「ヒーイ」の吹き出すタイミ...

レッスンノート ページ先頭へ

篠笛情報

サイタの篠笛講師がブログを通して、篠笛情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

篠笛の先生

@ShinobueCyta