サイタ資格取得講座社会保険労務士資格講座 兵庫 社会保険労務士養成講座 レッスンノート 疑問点解消 年金法と高額療養費

疑問点解消 年金法と高額療養費

社会保険労務士資格講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●老齢年金の受給開始年齢は原則65歳ですが、状況に応じて60〜64歳まで早めて受給することもできます(繰上げ受給)。繰上げ受給には、すべての年金を操作する全部繰上げ受給、一部だけを操作する一部繰上げ受給があります。ただし、一部繰上げ受給ができるのは特別支給の老齢厚生年金で定額部分が支給される人だけです。60歳から定額部分が支給されるまで、老齢基礎年金を繰上げて請求することができます。
●時効の中断→リセットされる(0に戻る)●併給の調整(例外規定)…65歳以上は有利な受給方法が認められている。●傷病手当金と出産手当金は出産手当金優先・障害年金は傷病手当金に優先→差額支給●2つの障害のうち片方が支給停止されている場合は併合されない。→支給停止解除された後、併合された等級の年金が支給される。●年齢到達はその日喪失●高額療養費…80,100÷0.3=267,000●高額療養費(…同一世帯に70歳未満の者と70歳以上の者がいる場合…3段階にわけて計算し、合算する。
このレッスンノートを書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

新着レッスンノート

●社会保険労務士試験を志す動機を確認したうえで、今後の学習計画・推奨動画・参考図書を紹介しました。 ●【参考図書・推奨動画】・社労士V(日本法令)・山川靖樹の社労士予備校・社労士合格のツボ(TAC出版)・全国公開模試(TAC)(LEC)6月7月 ●2021年8月の社会保険労務士試験に合格す...

●国民年金法と厚生年金保険法は2つで1科目です。また厚生年金保険法は健康保険法と共通する箇所が多々あります。これらの社会保険科目は共通した項目もあれば、少し異なる点もあり、学習の初期段階では理解に苦しむ局面もあるでしょう。●いっぺんに理解できればベストではありますが、行ったり来たりしながら、少...

●過去問の読み流しを学習の中心に据えてください。●合格のツボ(選択式)は知識の整理・まとめに使用してください。必ずしも解く必要はありませんし、暗記する必要もありません。●模擬試験をマイルストーンとし、何をどこまでやるかを決めてください。模擬試験は法改正の問題も多く、本試験よりもやや難しい問題が...

●行政解釈・・・通達ともいい、行政解釈からの出題は、労働基準法において、特に多数みられます。事務次官や労働基準局長が疑義に答えて発する通達のことです。●おすすめ本は、「判例・通達徹底攻略2019年度判」労働調査会です。●労働基準法では、最高裁判所の判例が出題されることがあります。有名な判例は繰...

●国民年金法と厚生年金保険法は2つでワンセットです。国民年金法の問題で厚生年金保険法の知識が必要とされるケースは多々あります。一発で理解しようとするのではなく、両科目をいったりきたりしながら、少しずつわかるところを増やしていって下さい。●年金法で国庫負担の問題は頻出箇所です。しっかりと数字を押...

レッスンノート ページ先頭へ

社会保険労務士情報

サイタの社会保険労務士講師がブログを通して、社会保険労務士情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!