サイタ音楽教室尺八教室 東京 ふじた尺八教室 レッスンノート できるタイミング

できるタイミング

尺八教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンおつかれさまでした。

素晴らしかったですね!
ほんとにきれいな音でした。

今まで学んできたことが、ある時、あるタイミングで、ぱっと飛躍的にできるようになることがあります。
それが今日の音でしたね。
同じような説明をこれまでもしてきたのですが、頭でわかっても、身体で理解できないことがあります。
それは、ムリしてやろうとせず、保留にしておいて、今できることを着実に続けていくことで、だんだんと理解できる土台ができてきます。
氷が溶ける時に、ずっと0℃のまま動かないようなものです。
熱を加え続けているけど、温度は上がらない。
でも、氷が溶けたら、そこから一気に温度が上がり始めます。
これが、できるタイミングということです。

成長は右肩上がりの線を描くと勘違いしやすいのですが、それはあくまで「平均値」であって、実際は、氷が溶ける時や、水が蒸発する時のように、一直線に上昇するわけではないのです。
継続していることは、それ自体が力になっていますから、滞っているように感じても、実際は変化しています。
そのことを信じて向き合っていれば、必ず成果は表れてきます。

今日のポイントは、唇の形でした。
息の出やすい方向に、細く隙間を開ける感じです。
実際は、「開ける」というよりも、息の勢いで「開いてしまう」という感じです。
まだ実感が少ないかもしれませんが、今日の感覚を思い出しながら、くり返し、やってみてください。
甲音も、今日のように効率よく出せれば、そんなに息の量も力も必要ないのです。

ぜひ、しっかりと身に付けてくださいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

童謡~現代曲も対応OK!留学生に指導も。初心者目線で、明るくレッスン

新着レッスンノート

レッスンおつかれさまでした。 前回、より音の出しやすい姿勢を意識しました。 それがだいぶ身に付いてきておられるようで、顎の動き、腕・上体の位置が格段によくなりましたね。 まだ、若干腕が下がり気味になってしまうこともありましたが、ご自身で修正できるようにもなってきて、安定感が増して...

今年初めてのレッスン、おつかれさまでした。 新年の初回から、よい感じで音出しできましたね。 年末から、メリの技法を反復して練習しています。 メリを自在に吹けるようになるのに、姿勢は重要です。 顎の動きの柔軟性もですが、腕・肩・上体の柔軟さも重要です。 今日は、そのための姿...

レッスンおつかれさまでした。 引き続き、りのメリを練習しました。 前回、 四孔を4分の3閉じる、 という感じで意識してみてくださいとお伝えしましたが、 今回は、更に、顎を引く動きを実践してみました。 この「顎を引く」動作のことを「メる」と言います。 メリ音というのは、...

レッスンおつかれさまでした。 今日は、りのメリに本格的に取り組んでみました。 中メリよりも、更に半音低い音になります。 イメージですが、中メリは、四孔を4分の1閉じる(指をかざす)、 低いメリは、四孔を4分の3閉じる、 という感じで意識してみてください。 音程をつくるの...

レッスンおつかれさまでした。 今日は、メリとカリの感覚をより詳しく説明して、実践してみました。 前回、深いメリの音を少しやりましたが、今日は、改めて、メリとカリによる音程の変化を実践していただきました。 それも、だいぶ吹き方が安定してきたからこそ取り組めた内容で、着実な進化を実感しますね...

レッスンノート ページ先頭へ