サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 腰の引けない姿勢

腰の引けない姿勢

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
腰の引けない姿勢が維持できるようになってきました。

1 腰の高さと接地
  ①右足で真下を踏みます。
   土踏まず~母指球辺りで踏み込むと、おへその下辺り、ピンっと張るように伸びるのが感じられます。
  ②①の動きと同時に、左脚を引き付けます。
   この時に、お尻が後ろに突き出ないように、腰がまっすぐのまま、左脚の引き付けができるようにしていきます。
  ③①②の動きを続けてリズムよく行います。

2 脚を後ろで動かす感覚
  ①踵でお尻を蹴るつもりで動く。
  ②膝か前に出ないようにして①の動きをすると、おへその下がピンと張るように伸びます。
  ③爪先の蹴りを使わず、足の裏全体で地面を弾くようにします。
  (③は最終的にやりたい動きで、今日はゆっくりの動きで①②を確認するところまで)

3 ジョグ
  ジョグからの加速
  緩に上り坂を使い、姿勢とおなかの力の確認から入りました。
  ①地面に垂直になるように立つ。
  ②足踏みから少しずつ進む。
  ③平らなところに入った時、肩が前に入らないように、①の時のおなかの力の使い方のままで進みます。
  ④加速するときは、脚はそのままの動きで、上体で前に押していきます。
  長い距離を走っても、腰が引けない姿勢を維持できており、肩もブレなくなってきました。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 おなかの力が重要なこと、再確認しました。 1 姿勢、太ももの動き   緩い上り坂を使いました。   ①骨盤を両側から締めるようなイメージでおなかに力を入れて立つ。   ②その場で足踏み。    足先よりも太もも付け根内側辺りに意識を向ける。   ③リズムを...

お疲れさまでした。 前回に引き続き、腰を高く保ったまま、後ろで蹴ること、をトレーニングしていきました。 1 腰の位置   ①両足をそろえてまっすぐ立つ。   ②腰の位置はそのままで、右足を半歩後ろへ。   ③右半歩後ろの位置関係のまま、小刻みに進む。    体は前足の真上にある...

お疲れさまでした。 おへその下の力を使って腰の位置を安定させると、背中の力みもなくなり、脚が柔らかく動かせるようになります。 1 腰の位置と脚の動き   ①まっすぐ立つ。   ②右足を半歩後ろにずらす。    この時、腰の位置は変えない。    (右腰が開いてしまわないようにす...

お疲れさまでした。 全体的な動きは最初から悪くはなく、背中、腰を緩め、右の動きを少し調整すると、すぐに回る状態になりました。 1 背中を柔らかく   足の真上にお尻の位置関係のまま、首、肩、背中を丸くしていきます。   小刻みに足踏みしながら、元に戻します。 2 腰の位置と右...

お疲れさまでした。 体重がどこに乗るか、よい位置に乗せるには、おなかの力をどう使うか、など考えていきました。 1 バランスを確認   左足を前、右足を後ろとし、右足は常に半歩後ろを踏むように歩きます。   この時、体重はずっと前に乗せたままにしておくと、体が前後に揺れるのは止まりま...

レッスンノート ページ先頭へ