サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 股関節の動き

股関節の動き

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
リズムよく動けると、違和感は出ないことが分かりました。

1 おなかの力と接地位置
  緩い上り坂を使いました。
  ①腰が反らないようにまっすぐ立つ。
  ②その場で足踏みをする。
  ③足は真下を踏み続けたまま、上体を腰の位置から前へ移動させていき進む。
  ④平らなところに入っても、同じバランスのまま走る。
  左右で同じリズムを刻むようにします。

2 股関節の動き
  斜めに進む動きを使いました。
  ①その場で足踏み。
  ②①の動きのまま、腰の位置を斜め前方向に移動させていく。
   足から行くのではなく、足はずっとその場で足踏みのまま、上体の位置を移動させていきます。
  ③斜めに進みだしても、その場で足踏みの時と同じところ(土踏まず)で接地すること。
  ④後ろ足が前の足を追い越さないよう、真横に並ぶように押していくこと。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 真下を踏むことと姿勢の維持の関係がつかめてきました。 1 姿勢と太ももの動き   緩い上り坂を使いました。   ①まっすぐ立ち、肩が後ろに引けない、おなか突き出さない、の2点意識します。   ②その場で足踏み。    膝が外に開かないようにし、体の前で上げる...

お疲れさまでした。 姿勢の維持を中心にトレーニングしました。 1 姿勢の維持   緩い上り坂を使いました。   ①地面に対し垂直になるように立つ。   ②①のバランスのまま足踏み。    右足接地時、右後ろに重心が移動しないようにする。(前回の主な内容ですが、できていました) ...

お疲れさまでした。 太ももの動きと接地や腰の関係を考えていきました。 1 太ももの動き   ①右足で真下を踏み込む。    土踏まず~母指球辺りに体重を乗せると、おへその下がピンと張るように伸びるのが感じられます。   ②左脚を折り畳むように引き付けると、体が軽く前に押し出されま...

お疲れさまでした。 腰の状態が良くないところからのスタートでしたが、後半は腰が反らない姿勢が取れており、脚の動きも調子の良い時と同じぐらいまで戻ってきていました。 1 腰、背中を柔らかく   ①足の真上にお尻が乗っかっている状態を維持したまま、首、肩、背中の順に丸めていく。   ②...

お疲れさまでした。 腰の引けない姿勢が維持できるようになってきました。 1 腰の高さと接地   ①右足で真下を踏みます。    土踏まず~母指球辺りで踏み込むと、おへその下辺り、ピンっと張るように伸びるのが感じられます。   ②①の動きと同時に、左脚を引き付けます。    この...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta