サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 太ももの動きと接地

太ももの動きと接地

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
しばらく間が空いたので、おなかの力の確認や太ももの動かし方の確認を中心に行いました。

1 おなかの力と姿勢、太ももの動き
  ①おへその下をグッと内に押し込むように力を入れる。
  ②足踏みをする。
   体の前で膝を上げる動きだと、上体が後ろに倒れてしまいます。
   お尻の下で脚を折り畳むように動かします。
   また、脚を動かすときに、お尻も一緒に動いてしまうと、上体がグラグラするので、お尻は止めておき、股関節のみで動かします。
   大きく上げようとせず、後ろを踏むつもりで動くといいでしょう。
  ③肩が揺れないで足踏みできるようになったら、リズムを速くしていき、少しずつ進みます。
   
2 太ももの動きと接地
  緩い上り坂を使いました。
  ①真下を踏む足踏みのまま坂を上ります。
  ②平らなところに入ったら、そのまま走ります。
  ③右足が大きく前に出ると、次の左にドンっと衝撃を感じます。
   右は素早く真下に下すようにします。

3 股関節のストレッチ
  お尻が浮かない範囲でやります。
  
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 真下を踏むことと姿勢の維持の関係がつかめてきました。 1 姿勢と太ももの動き   緩い上り坂を使いました。   ①まっすぐ立ち、肩が後ろに引けない、おなか突き出さない、の2点意識します。   ②その場で足踏み。    膝が外に開かないようにし、体の前で上げる...

お疲れさまでした。 姿勢の維持を中心にトレーニングしました。 1 姿勢の維持   緩い上り坂を使いました。   ①地面に対し垂直になるように立つ。   ②①のバランスのまま足踏み。    右足接地時、右後ろに重心が移動しないようにする。(前回の主な内容ですが、できていました) ...

お疲れさまでした。 太ももの動きと接地や腰の関係を考えていきました。 1 太ももの動き   ①右足で真下を踏み込む。    土踏まず~母指球辺りに体重を乗せると、おへその下がピンと張るように伸びるのが感じられます。   ②左脚を折り畳むように引き付けると、体が軽く前に押し出されま...

お疲れさまでした。 腰の状態が良くないところからのスタートでしたが、後半は腰が反らない姿勢が取れており、脚の動きも調子の良い時と同じぐらいまで戻ってきていました。 1 腰、背中を柔らかく   ①足の真上にお尻が乗っかっている状態を維持したまま、首、肩、背中の順に丸めていく。   ②...

お疲れさまでした。 腰の引けない姿勢が維持できるようになってきました。 1 腰の高さと接地   ①右足で真下を踏みます。    土踏まず~母指球辺りで踏み込むと、おへその下辺り、ピンっと張るように伸びるのが感じられます。   ②①の動きと同時に、左脚を引き付けます。    この...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta