サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 体幹を使う動きと股関節

体幹を使う動きと股関節

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
このレッスンノートは保護者の方向けに、今日やった内容を書いておきます。

ご本人には、レッスンの中で短時間、動きづくりの時だけ、どこを使っているのか、どこに力が入っているのかを考えてもらうようにします。
そのあとの普通に走る場面や、学校の練習で走るときなどは、できるだけ考えさせないようにし、動きの中で感覚的に心地よい、進みやすいというのをたくさん味わってもらう方が上手くいきます。
考えて動くと、どうしても固くなったりタイミング遅れになったりするからです。
そのことを念頭に置いたうえで、このノートを振り返りに使ってもらえればと思います。

1 1,2,3のもも上げ
  1,2,3のリズムで足踏みをし、3で太ももを引き付ける、もも上げをしました。
  体の前で膝を上げるようにして太ももを動かすときと、体の真下で太もも付け根を折りたたむようにして動かすときでは、体幹の使い方が違ってきます。
  体の前で膝を上げるときは、骨盤の後傾を使ってしまっているときで、重心が後ろ(進みたい方向と逆)になってしまいます。
  一方、体の真下で脚が動いているときは、股関節を使って太ももを動かしているときです。
  後者の動かし方で動きます。

2 股関節の動き
  体、爪先は正面向きのまま、斜め前方向に進む動きをやりました。
  股関節をしっかり使って、体の真下で脚をさばくためのトレーニングとして行いました。
  つま先を使って接地すると簡単ですが、土踏まずで接地しようとしたら、おなかの力が必要になってくるので、結構大変なことになります。
  すぐにできる必要はありませんが、少しずつおなかの力を使うこともやっていきます。

3 円を回る
  1,2で股関節をしっかり使って太ももを動かすことをやったので、その動きで円を回って走りました。
  円を回って走ると、体が自然と前に乗っていくので、その流れのまま、まっすぐ走ります。
  
1,2,3の動きの後、1kmほど走ってみました。
上体がしっかりと前に乗っており、良い動きができていました。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 腰、背中を柔らかく使えるようにし、バランスを整えていきました。 1 腰、背中   ①頭、首、背中を丸めていき、腰を伸ばします。   ②股関節を意識した小さな足踏みで進みます。    緩いのぼり坂で動くと、おなかにグッと力が入り、真ん中に力が集中するのがよくわか...

お疲れさまでした。 腰の捻りを抑えて、股関節をしっかり使うことをトレーニングしました。 1 太ももの動き、接地位置   ①太ももの動き確認    体の前ではなく、お尻の真下で動かします。   ②踵寄り外側まで踏み込まないで、土踏まずに体重が乗る、踵は地面に触れているけど体重は乗ら...

お疲れさまでした。 足の力を抜く感覚が少しずつ分かってきました。 1 斜行   右外側(小指寄り)に乗らないこと、右つま先が左に覆いかぶさらないこと、など以前より動きが良くなっていました。    2 力を抜く   ①接地時の足の力を抜くために、体幹のバランスをまず考えました。 ...

お疲れさまでした。 股関節の動きをトレーニングしながら走りました。 1 股関節   ①太ももの動き確認。    お尻がクネっとならないように(わき腹を縮める動きは使わない)し、太ももを動かします。    力が外側に逃げるようなら、土踏まず、太もも内側を意識してみます。   ②体...

お疲れさまでした。 体幹を使う走りをつくっていきました。 1 おなかの力確認   仰向けになり、腰の下の隙間を埋めようとしたら、下腹部に力が入ります。   立って同じようにおなかに力を入れ、姿勢和よつくります。   肩は力みません、腰も反りません。 2 太ももの動き   ...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta