サイタスポーツ教室ランニング教室 東京 修造ランニング教室 レッスンノート 「ヒアリング」「姿勢・フォームのチェック」「改善レッスン」を行いました

「ヒアリング」「姿勢・フォームのチェック」「改善レッスン」を行いました

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。

初めてのレッスンだったので、最初にヒアリングを行い、軽く一緒に走りながらフォームと走力をチェックを行いました。

■姿勢チェック
立ち姿勢、歩く時の姿勢で上体が少し後ろに倒れています。
腹筋が弱く、胸を張る意識が強いとこの姿勢になりやすいです。

■ランニングフォームチェック
全体的に悪いところはありませんが、着地の位置が少し前です。
着地が前だと着地をしたときにブレーキがかかり、前に進み難くなります。

着地は胸のしたあたりに足を置く感じが良いです。

■改善レッスン
1.姿勢
歩く時、走る時、上体は軽い前傾をすると良いです。
前傾するには骨盤の位置が重要です。
身体の軸より骨盤が前にあると上体が後ろ倒れます。
身体の軸より骨盤が後ろにあると上体が前に倒れます。

①お腹を軽く凹ませます
②お腹の下(おへその下)をもう一段階凹ませます
③骨盤の位置が身体の軸より少し後ろになります
④おへその下の丹田に意識を集めます
⑤丹田を意識したまま、お腹の力を抜きます
(力を入れ過ぎた状態ではスムーズに身体が動かせません)

2.着地
ゆっくり走る場合、脚を前に出す、脚を上げる意識は必要ありません。
足は胸の真下に置く感じで着地します。

■ランニング
後半はゆっくりペースでランニングをしました。
まだ暑いので無理をしないでゆっくりペースで走ることが大事です。

暑い時期にランニングを継続すれば、秋になって走るのが楽になります。

ペースを上げて走るのは涼しくなってからが良いです。
このレッスンノートを書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回は前に倒れる力を上手く使って、楽に走る感覚をレッスンしました。 ランニングは着地をするときに、体重の3~4倍の力が脚にかかると言われています。 ランニングの疲労の多くは着地で身体を支えるために力を使うからです。 着地が上手くなれば、身体への疲労...

レッスンお疲れ様でした。 まだまだ暑さが厳しいので、ゆっくりペースで1㎞を繰り返しました。 省エネなフォームでゆっくり走ることを身につけましょう。 ■省エネフォーム 姿勢は軽い前傾の良い姿勢です。 丹田から鳩尾に身体の奥に軸を作り、軸が軽く前傾した状態にします。 着...

レッスンお疲れさまでした。 初めてのレッスンだったので、最初にヒアリングを行い、軽く一緒に走りながらフォームと走力をチェックを行いました。 ■姿勢チェック 立ち姿勢、歩く時の姿勢で上体が少し後ろに倒れています。 腹筋が弱く、胸を張る意識が強いとこの姿勢になりやすいです。 ...

レッスンお疲れ様でした。 今回は少しフォームチェックをして、効率的なランニングフォームのヒントになるレッスンを入れました。 後半は実践的なトレーニングとして変化走を行いました。 ■着地の安定 ランニングの着地は片足で大きな力を受けることになり、故障の原因になりやすいです。 ...

レッスンお疲れ様でした。 初めてのレッスンだったので、最初にヒアリングを行い、軽く一緒に走りながらフォームと走力をチェックを行いました。 ■姿勢チェック 立ち姿勢、歩く時の姿勢で上体が少し後ろに倒れています。 腹筋が弱く、胸を張る意識が強いとこの姿勢になりやすいです。 ■...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta