サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 体の真ん中を意識する

体の真ん中を意識する

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
太ももの内側を少し意識するだけで、進みやすさが変わることを感じたと思います。

1 体幹のバランス
  両腕を体側に固定して、腰や肩がクネクネしないように足踏みをします。
  おなかの力と、股関節をしっかり動かすことが必要と分かりました。
  足踏みのリズムを速くしていき、走ります。

2 太ももの動き
  腰の真下に踝があるという位置関係のまま、太ももを動かします。
  足首で蹴ったり、膝から下を巻き上げたり、ではなく、太ももの付け根で折り畳むようなイメージを持ちます。
  
3 太もも内側
  段差を利用し、片足で立ち、乗り込む動きをしました。
  反動を使わないようにしたら、お尻がクネっと動いてしまいます。
  太ももの内側、おなかの力を意識すると、お尻のクネっが無くても、すうっと真っ直ぐ立つことができました。

4 ジョグ
  3でやった太ももの内側を感じながら走ると、横ぶれせず、前へ進みやすくなりました。
  
  
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 短い距離でスピードを上げていきました。 1 股関節の動き   ①前脚は、太もも付け根で折り畳むようなイメージで太ももを動かし、後ろ足の重心移動で進みます。   ②リズムを速くしていきます。   ③接地時に、地面にバンっと踏み込まないように、お尻を引き上げ、重心...

お疲れさまでした。 股関節がしっかり動かせたら、脚の力を使わなくても進めることが感じられたと思います。 1 太ももの動き確認   腰の真下に踝があるという位置関係のまま、太ももを動かします。   軸足は、土踏まずに体重が乗ったままです。   外に逃げそうになったら、おなかの力(骨...

お疲れさまでした。 股関節の動きをトレーニングしました。 1 太ももの動き確認   腰の真下に踝があるという位置関係のまま、太ももを動かします。   軸足は、土踏まずに体重が乗ったままです。   太ももを動かすときに、足が前に出るような上げ方をしてしまうと、体重が踵寄りや外側に逃...

お疲れさまでした。 今日は、股関節の動きをトレーニングしていきました。 1 太ももの動きの確認   前回やった内容の確認です。   腰の真下に踝があるという位置関係のまま、太ももを動かします。   脚が体の前ではなく、真下で動く感じになります。   膝から下を巻き上げる動きと似...

お疲れさまでした。 初めてだったので、『走る』という動きについて知ってもらいました。 1 姿勢と太ももの動き   ①おへその下をグッと引っ込ませるようにおなかに力を入れ、真っ直ぐ(踝の真上に膝、腰、肩、耳が乗っかっている)立ちます。     ②腰の真下に踝があるという位置関係のまま...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta