サイタスポーツ教室ランニング教室 東京 ハンガイ・ランニング塾 レッスンノート 身体感覚を養い、体全体で走る!

身体感覚を養い、体全体で走る!

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

前回の復習を兼ねて、肩・股関節の動的エクササイズから、400㍍トラックを利用しながらの様々なエクササイズを組み合わせたサーキットを実施しました。特に意識したのは、ハムストリングと臀部です。前回より下肢の動きはスムーズになっていました。上半身の固さが気になります。これは肩関節の可動域が向上し、背中が使えるようになると改善されます。

ポイント練習は200㍍×5本のインターバル走、1~3本は60→55→54でレスト60でした。4~5は58→59でしたが、レスト40でした。理想はタイム向上も大切ですが、レストを短くすることにより心肺機能が向上します。前回より速くなった感覚があるのは、フォームも良くなっている証拠です。

個人練習でジムのドレッドミルで走る速度の目安が今回のインターバル走で分かりやすくなったまとと思います。まめに記録を取り、細かい所で調整しましょう。また、ランニングサークルに参加しての練習もお勧めです。仲間で走るとモチベーションも上がると思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

100キロマラソンを始め数々の大会に出場するコーチが走りの基礎を指導

新着レッスンノート

本格的にランニングを始めるには「頑張らないこと」です。日常の中で食べる、寝るそして動く(走る)ためには、継続するのみです。 普段使われていない筋肉部位、特に股関節回りと背中を意識した動的エクササイズを行いながら、ウォークしたりジョグしたりしながら、身体を活きた状態にします。ここで行うエク...

車に例えて、 エンジン:呼吸筋 街灯の間隔を利用して、ランとウォークを組み合わせてインターバルトレーニング、徐々にランの距離が伸びて少しきついレベルで運動することにより、呼吸筋向上を促します。 タイヤ:脚筋力 大腿四頭筋に頼っているので、臀部やハンストリングスが使える動作でのエクササイ...

1月25日の30㎞走の結果を踏まえて、残り30日間のスケジュールと脚の状態を見極めてのプログラムの組み立てを行いました。30㎞の疲労は取れたと思っていましたが、走り始めて足底に痛みが出てきたので走りのプログラムは終了して、脚の状態と改善方法のエクササイズを紹介しました。 足指の動かし方と大腿...

脚ではなく、身体全体で走る! 動的エクササイズを行いながら、徐々にジョギングスピードを上げていきます。まずは股関節中心の動きから、肩関節を中心とした動きを取り入れながら上肢と下肢をシンクロさせていきます。 一度流しを入れてから、本日のメイン練習である1000㍍×3本のインターバル走を実施!...

体験レッスンから継続してトレーニングされていたので、ウォーミングアップのバランス系エクササイズでの動きがスムーズになっていました。 肩と股の球状関節を積極的に動かすことによって、今まで眠っていた筋肉群が動き始めたことによるでしょう! その後の動的エクササイズもスキップ動作を中心にシャープに...

レッスンノート ページ先頭へ