サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 太もも内側

太もも内側

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
太もも内側を意識し始めて2回目ですが、上手く使えるようになってきています。

1 ジョグ
  『前に』押していくときの、意識のポイントを少し下にしてみました。
  今までなら、仙骨辺りだったと思いますが、それをほんの少し下、尾骨辺りから押すようなイメージにしてみました。

2 太もも内側
  緩い上り坂を使いました。
  ①つま先をやや開き気味にして足踏み、さらにリズムを速くしていって進みます。
   太もも内側が使えていたら、膝が外に向かって開くことはなく、真っ直ぐ真上に上がってきます。
  ②前脚は膝を胸に引き付けるように太ももの引き上げる、後ろ足の重心移動で進む動きを、①と同様に太もも内側を軽く意識して行います。
   前脚の振り下ろしを素早くすると、接地が前ではなく自分の真下になります。

3 ジョグ
  太ももがよく動くようになり、接地位置も出過ぎない位置でつけるようになったので、ザッザっとい言う摩擦音がしなくなりました。
  とても軽く走れるようになってきました。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 軽い加速ができました。 脚は頑張らなくてもスピードがでます。 1 太ももの動き   ①真っ直ぐ立った状態から、足の位置はお尻の真下のまま、膝を斜め前上方向にスッと抜くように、太ももを動かす。    体の前で、引き上げる、のとは少し違います。    体の前で引...

お疲れさまでした。 体の真ん中に力が集まると、脚はとても軽い感じになります。 1 体幹のバランス   ①両腕を体側に固定し、つま先をやや開き気味で、膝は真っ直ぐ真上に上げる(右は難しいですが...)足踏みをします。    太もも内側を感じることができます。   ②リズムを速くして...

お疲れさまでした。 股関節をしっかり使って走れるようトレーニングしていきました。 1 股関節の動き   ①両腕を体側に固定し、つま先をやや開き気味で、膝は真っ直ぐ真上に上げる足踏みをする。    おへその下、太もも内側など、体の真ん中に力が集中するのを感じます。   ②股関節を意...

お疲れ様でした。 股関節を使うこと、をやっていきました。 1 体幹でバランスをとる   ①両腕は体側に固定し、つま先をやや開き気味にし、膝をまっすぐ真上に上げる足踏み。   ②土踏まずで地面をタッチするつもりで接地し、地面にどっかりと乗り込んでしまわないように動く。    太もも...

お疲れさまでした。 初めてのレッスンだったので、『走る』という動きの力の使い方を知ってもらいました。 1 おなかの力と姿勢   仰向けになり、おへその下を引っ込ませるように内向きに力を入れ、腰、背中を地面に押し付けます。   力が入っているのは、おなかだけで、肩、背中などは力が入っ...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta