サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 『走る』という動き

『走る』という動き

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
初めてのレッスンだったので、『走る』という動きの力の使い方を知ってもらいました。

1 おなかの力
  仰向けになり、腰、背中が浮かないようにしようとしたら、おへその下にグッと内向きの力が入ります。
  壁に踵、腰、背中をくっつけて立つときも同じようにおへその下にグッと内向きの力を入れ、隙間ができないようにします。
  
2 太ももの動き
  1のおなかの力で、できるだけピッタリと壁に腰を押し付け、股関節を意識して太ももを引き上げます。
  お尻ごと動かしたり、脇腹を縮めるような動きが入らないようにし、股関節のみで動かすようにします。
  腰を止めて、股関節のみで太ももを動かそうとしたら、おなか(おへその下、横辺り)の力をすごく使うことが分かったと思います。

3 『走る』という動き
  2の太ももの動かし方で足踏みをします。
  足は自分の真下を踏み続けたまま、腰の位置を少しずつ前に移動させていくイメージで動くと、進みます。
  上り坂を使って、接地位置が自分より前ではなく、お尻の真下であることをトレーニングしました。
  今までは、足を前に出してグイッと掻くような動きだったので、全く違う動きになりました。
 
4 トレーニング
  ①腹筋
  仰向けになり、膝を立てて、腰を地面に押し付けるつもりで、おへその下にグッと内向きの力を入れる。
  ②直線歩行
  片方の膝をゆっくり引き上げ、もう片方の爪先の前にゆっくり下ろす。
  おなかの力が入ってないと、肩が後ろに残されて反った姿勢になってしまいます。
  おなかの力がしっかりと使えていれば、重心も一緒に移動してくれるので、接地時に足の真上に体が乗ります。
  ③ランジ
  重心移動の感覚をつかみます。
  おなかの力を入れ続けたままで、お尻を軽く押されると、上体が前に移動し、それにともない脚が軽く前に出ます。
  足から先に、ではなく、上体が先行するイメージです。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 脚は頑張らないでも進めるような動きを考えました。 1 腰の位置  円を使いました。  ①両腕を肩の高さに伸ばし、円の中心に向かって軽く傾く。   腰で折れ曲がらないで、体全体で内に傾く。  ②①の傾きを維持したまま、円周上を走る。   内側の足の裏、小指寄...

お疲れさまでした。 最初のジョグの時から、右腰のクネっとした動きが抑えられていました。 1 腰の位置   円を使いました。   ①腕を肩の高さに揃えて伸ばし、円の中心に向かって傾いていく。    腰で折れ曲がらないようにし一直線のまま傾くようにする。   ②①の傾きを維持したま...

お疲れさまでした。 股関節の動きをトレーニングしまさした。 1 腰の安定   右手を右腰〜お尻に当て、左手を左腰の前に当てると、おなかの力の入り方が少し変わるのを感じます。   8の字を描いて小刻みに走る。   この動きの後に走ると、脚で掻く動きが無くなり、ストンと真下に足がつく...

お疲れさまでした。 股関節の動きをトレーニングしました。 1 姿勢と接地   緩い上りを使いました。   ①地面に対し垂直になるように立つ。    踵に体重が乗る、尾骨を意識してバランスをとる。   ②①のバランスのまま、拇指球で足踏みをする。    接地が後ろになります。 ...

お疲れさまでした。 股関節の動きをトレーニングしました。 1 姿勢、股関節の動き   股関節を使えるようにするための姿勢を確認。   ①緩い上りで地面に対し垂直になるように立つ。    踵に体重が乗る。尾骨を意識してバランスをとる。   ②拇指球で踏む足踏みをする。    お...

レッスンノート ページ先頭へ