サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 太もも内側

太もも内側

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
太ももの内側が上手く使えたら、右腰のコントロールがしやすくなります。

1 背中、腰を柔らかく使う
  肩こりがあるということだったので、背中を柔らかくすることをまずやってみました。
  ①足の真上にお尻、のままで首、肩、背中を丸めていく。
  股関節を使って小さく足踏み。小さくていいので、太ももを引き上げるイメージです。
  この時、背中や腰が柔らかく使えていないと、太ももを上げることができず、膝から下を使う動きになってしまいます。
  足踏みしながら、上体を元に戻していきます。
  ②鼠径部を伸ばすつもりで、後ろに反ります。
   腰を反らすのではなく、もっと下、お尻と太ももの境目辺りを意識すると、鼠径部が伸びます。
  ①②を交互に行うと、背中、肩が楽になりました。
  走ってみると、股関節が使えるようになっていて、太ももの動きが良くなっていました。

2 右腰、右肩
  緩い上り坂を使いました。
  両腕を体側に固定し、股関節を意識した足踏みからまずは歩いて上ります。
  次に、リズムを速くしてみます。
  リズムを速くすると、右に傾くような違和感を感じました。
  つま先をやや開き気味にして、同じように動いてみると、違和感は解消されました。
  つま先をやや開き気味にしていると、太ももの内側の力が使いやすくなり、腰も止めやすくなります。
  つま先開気味、というイメージで動きますが、動画で確認した通り、ほぼ真っ直ぐで、ガニ股になっているわけではありません。

3 ジョグ
  2の動きから走りました。
  右腰が安定し、右肩の揺れも収まり、動きやすくなりました。
  接地時の、左右の音も同じ感じになりました。
  下りでは、おなかにグッと力を入れると、自分も乗っかっていけるので、スピードに対する恐怖感はなくなり、ブレーキをかけなくても走れます。
  長く動き続けているうちに、足音の左右差(右の接地時にザッと摩擦が生じる)が出てきましたが、もう一度、2の動きを入れると、また、スムーズに動けるようになりました。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 股関節をしっかり使った動きができるようになってきました。 1 体幹でバランスをとる   先週の復習です。   骨盤を両側から締めるようなおなかの力、つま先をやや開き気味だけど膝は真っ直ぐ引き上げる、の2点を意識して足踏みをすると、太もも内側を感じることができ、左...

お疲れさまでした。 太もも内側を意識し始めて2回目ですが、上手く使えるようになってきています。 1 ジョグ   『前に』押していくときの、意識のポイントを少し下にしてみました。   今までなら、仙骨辺りだったと思いますが、それをほんの少し下、尾骨辺りから押すようなイメージにしてみま...

お疲れさまでした。 違和感の原因をはっきりさせ、一つずつ解決していきました。 1 背中と腰   腰が反っている、という自覚がなくても、背中が力んでいたら、同じようなことになってしまいます。   足の真上にお尻、の位置関係を崩さないようにしたまま、頭、肩、背中と順に丸めていき、肩甲骨...

お疲れさまでした。 股関節を柔らかく使えるようにトレーニングしていきました。 1 股関節の動き   長座で手を後ろについて軽く支える。   反ったり、背中が丸まったりしないように、おへその下にグッと内向きの力を入れる。     ①片方ずつ脚を開き、外旋、内旋。    太ももの付...

お疲れさまでした。 疲れていないときには、できていた姿勢も、疲れてきたらいつの間にか崩れてきて、それを直そうとして別のところが力んでしまっていた、というのが最初の状態でした。 1 姿勢   動きが崩れてしまった原因は姿勢です。   仰向けになり、腰、背中がぴったり地面にくっつくよう...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta