サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 体幹のトレーニング

体幹のトレーニング

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
腰を高く保ち、力を真ん中に集中させること、をトレーニングしながら走りました。

1 腰の高さをキープする
  壁を使い、腰(を含む上体)を固定し、骨盤の後傾を使わずに、膝を引き付けてくるイメージで太ももを引き上げました。
  脇腹を縮める(お尻がクネッと動いてしまう)動きが入らないように、股関節のみで動かすことを意識します。
  おなかの力がかなり要ることが分かりました。

2 斜め歩き
  1の力の使い方で、斜め歩きをしました。
  重心が前に乗り、前足の接地時、フラットな接地が自然にできます。

3 力を真ん中に集中させる
  ①肘を引き気味して、脇を締める。
   これだけでも、左肩の揺れが収まり、直進性が高まります。
  ②トレーニングとして
   脇を完全に締め、上腕部分を胴体に固定。
   1の時と同じ、太ももの動かし方で、小さく足踏みから少しずつ進む。
   放っておくと左脇が開いていこうとします。(そういうバランスになっているということです)
   おへそ~胸骨を結ぶ体の中心線に力を集中できれば、左脇は開いて行かなくなります。
  ③サイドステップ、クロスステップから真っ直ぐ
   切り替えの時に、溜める動きを省き、上へ、を意識することで真ん中に力が集中しやすくなります。

4 ラン
  肩から突っ込む動きはなくなりました。
  上体は真っ直ぐのまま、腰(お尻ぐらい、かなり下の方)から押していくことで加速していきました。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 股関節をしっかりと使えるようになれば、スピードも自然に上がります。 1 腰の安定と太ももの動き   壁を利用して、腰を止め、太ももを引き上げる動きを確認しました。   股関節のみで動かしたいのですが、(特に右は)腰ごと一緒に動こうとするので、おなかの力を使って止...

お疲れさまでした。 腰が安定していると、太ももは動きやすくなります。 1 腰の安定と太ももの動き   壁を利用して、腰を固定し、骨盤の後傾や腰を捻る動きが入らないようにして、太ももを引き上げる動きをしました。   おなかの力が相当要ることが分かりました。 2 斜め歩き   ...

お疲れさまでした。 質、量ともにボリュームのある練習になりました。 脚は軽く回っているので、呼吸がついてくるようになれば、このスピードを維持できます。 1 接地   ①壁を利用し、腰を止めて太ももを動かすことを確認しました。    右は腰ごと動いてしまうので、おなかの力でしっかり...

お疲れさまでした。 おなかの力で腰の捻りを止めて太ももを動かすことをトレーニングしました。 1 腰の安定と太ももの動き   壁を利用して、腰(を含む上体)を固定し、太ももを引き上げる動きをしました。   骨盤の後傾を使わずに太ももを動かそうとすると、おなかにかなり力が入ることを確認...

お疲れさまでした。 楽にスピードを出すには、姿勢が重要、と体感できたと思います。 1 ジョグ   前のめり気味なのを、おなかに力を入れて、真っ直ぐに戻すと、股関節が良く動き、膝から下が前に出なくなり、重心の真下で接地できるようになりました。 2 股関節の動き   ①腰を止め、...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta