サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 体幹のトレーニング

体幹のトレーニング

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
体幹のトレーニングを行いながら走りました。

1 おなかの力
  太ももを動かすときの力の使い方を確認しました。
  ①おへその下、内向きに入れる力で、上体が後ろに行こうとするのを抑えられます。
  ②骨盤を両側から締めるような力で、外側に力が逃げるのを抑えられます。

2 体幹のトレーニング
  1の両方の力を入れて、軽く足踏みします。
  リズムを速くしても、上下動が生じないようにします。
  ①膝を方を胸に近づけてくるつもりで。(上体、お尻は迎えに行かない)
  ②なおかつ、つま先ではなく土踏まずで地面をタッチする。(おなかの力が相当要ります)
  両手を後ろに組んで行います。

  ③力みを抜く
   ①②でおなかの力がしっかりと入っていて、上体が安定しているのを確認できたら、肩、背中を一旦緩め(丸いかと思うぐらい)、そこから元の位置まで上体を戻します。

3 ジョグ
  上下動なく、腰の位置も高いままで進めるようになりました。
  最初は、肩、背中がキューッと力んだようになっていましたが、後半は、力みなく走れていました。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 おなかの力を再確認しました。 1 接地   ①おなかの力でお尻を軽く引き上げたまま足踏みをすると、地面にベタッ乗る感じにはなりません。   ②足踏みのリズムを速くしていきます。    速くしていっても、爪先の蹴りを使わず、土踏まずで地面をタッチする感覚です。 ...

お疲れさまでした。 上体を安定させたまま、太ももをしっかり動かせるようにトレーニングしました。 1 上体の安定と太ももの動き   脚を動かしても、上体が一緒に上下に跳ねたり、左右にぶれたりしないような力の使い方をトレーニングしました。   ①その場で太ももを動かしてみます。   ...

お疲れさまでした。 自分の体の使い方のクセが良く分かったと思います。 左右均等に使うことは難しいです。 完全に均等は無理ですが、動きの中で、出来るだけ左右差が小さくなるようにしていけば、脚に頼らず走れるようになってきます。 1 姿勢   腰の真上に、肩、耳が乗っかったままの姿勢で...

お疲れさまでした。 『1月に10kmを走る』をねらいとした練習をしていきました。 1 股関節の動き   ①前脚は、太もも付け根を折り畳むようなイメージで太ももを動かし、後ろ足の重心移動で進みます。   ②体重は前脚の上をキープし、後ろに戻ってこないようにします。   ③左を動かす...

お疲れさまでした。 重心移動の感覚をつかむようなトレーニングをしました。 1 走り出す前の確認   ①重心位置   ②股関節(太ももを折り畳む風に使えているか)   昨日上手くいかなかった原因は①だったと思います。   重心が後ろのままだったので、股関節をちゃんと動かそうとして...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta