サイタスポーツ教室ランニング教室 東京 修造ランニング教室 レッスンノート 「姿勢・フォームのチェック」「効率的なランニングフォーム作り」をレッスンしました

「姿勢・フォームのチェック」「効率的なランニングフォーム作り」をレッスンしました

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

雨の中、レッスンお疲れ様でした。

今回も最初に姿勢・フォームチェックを行い、効率的なランニングフォーム作りを行いました。

■姿勢・フォームチェック
上体の前傾はもう少し欲しいところですが、最初の頃に比べると随分良くなりました。

やはり普段からの姿勢意識が大事です。
お腹を凹ませ、丹田に意識を置いて、身体の奥に軸を作る意識をすると自然に姿勢が良くなります。

■効率的なランニングフォーム作り
1.体幹の軸の意識
身体の奥に軸を作る姿勢を作ってから踵の上げ下ろしをして軸の意識を強めました。
踵をストンと落とした時に身体の奥の軸で衝撃を受ける意識をします。

2.股関節(お尻)で着地する意識
・膝を前に出さないスクワット(両脚)
・膝を前に出さないスクワット(片足づつ)
・片足づつのウォーキング
・片足づつのランニング
の流れで、股関節(お尻)を使う着地の意識をランニングに近づけていきます。

3.骨盤を引く意識
股関節(お尻)で着地する意識の応用です。
今までの股関節(お尻)で着地する意識は、股関節の軸を「横軸」にした動きでした。
今回は「縦軸」の動きです。
着地で骨盤を引くことで、この動きが出来ます。

ですので、着地の形はお尻を後ろに突き出し(膝を前に出さないスクワット)ながら、骨盤を引いた形になります。

・片足づつのスクワット
・片足づつのウォーキング
・片足づつのランニング
の流れで、ランニングに近づけていってください。

長い距離を走るときは、最初の100m位はフォームを意識して、段々とリラックスして、リズム良く走る意識に切り替えていってください。

意識が強すぎると余分な力が入りがちで、リラックスして走れませんので注意してください。
このレッスンノートを書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回は外を気持ち良く走りました。 ペースを少し抑え、1㎞毎にウォーキングを入れて負荷を下げてみました。 暑さに身体が慣れるまで様子を見ながら負荷を調整するのが良いと思います。 日陰は走りやすいので、ビルの日陰などを上手く利用して走るのも良いです...

レッスンお疲れ様でした。 今回は少しゆっくりめのペースでトレッドミルを走りました。 走った距離は6㎞になるので、運動量としては十分です。 室内では安定して6㎞を走れますね。 暑さに慣れる意味でも外でのランニングも入れていきましょう。 外では無理をしないで4~5㎞程度で十分...

レッスンお疲れ様でした。 今回も前半は動き作り、後半は少し負荷をかけるトレーニングにしました。 ■動き作り 今回は上半身と下半身の連携を意識しました。 1.下半身 下半身の安定するポジションを整えます。 ①股関節を意識して安定するポジションを作ります。 ②安定するポジ...

レッスンお疲れさまでした。 今回は体調があまり良くないということで、ペースを少し落として10kmを目標に走りました。 ペース自体は6:30/kmで10.7kmを走れました。 これからの季節は途中でドリンク休憩を入れながら10km程度を走るのが良さそうです。 夏の間ランニ...

レッスンお疲れさまでした。 1000mで5分を切るのが目標ですので、今回はまずランニングフォームと走力を確認しました。 ■フォームチェック ランニングフォームは良いです。身体全体を使えており、脚の動きもスムーズです。 着地音も良いリズムです。 身体の軸の意識を少し入れた方...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta