サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート おなかの力

おなかの力

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
今までは、ふくらはぎの力で走っていたのを、体幹部分で力を出し、その力を脚で地面に伝えるような走りに変えていくために、まずは力の使い方について知ってもらいました。

1 姿勢
  おへその下辺りをグッと引っ込めるように内向きに力を入れ、腰が反らないようにして立つ。

2 直線歩行
  1でつくった姿勢から、片方の膝をゆっくりと引き上げ、もう片方の足のつま先の前にゆっくりと下す。
  膝を引き上げる時の、太ももや腰の使い方が問題になってきます。
  骨盤が前に倒れてしまうと、腰が反った感じになり、お尻が後ろに残るような形になってしまいます。
  骨盤の傾きを変えないように真っ直ぐを維持したまま、太ももを上げてこようとすれば、おなかの力がかなり必要になってきます。
  もう一つは、膝から下の力を抜き、股関節をしっかりと使うことです。
  股関節が使えていなかったら、膝を支点とした振り子のような動きを使ってしまい、接地時のブレーキでふくらはぎに負担がかかります。

3 体幹でバランスを取る
  2の直線歩行の時と同じ力の使い方で、足踏みをします。
  足踏みを速くしていくと、つま先の蹴りを使ってしまいがちですが、おなかの力と股関節を意識して太ももを引き上げるように動かすと、フラットな接地ができます。
  両手を後ろに組み、足踏みから少しずつ前へ進みます。
  前へ進むとき、足は常にお尻の真下を踏むつもりで、お尻から押されるようなイメージで腰の位置から前へ押していきます。

4 ジョグ
  3の足踏みから、腕を元に戻し、普通に走ります。
  今は、太ももを上げることにかなり力んでしまいますが、おなかの力や太ももの動かし方に慣れてきたら、もう少し柔らかい感じで動けるようになります。
  
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 股関節の動きをトレーニングしまさした。 1 腰の安定   右手を右腰〜お尻に当て、左手を左腰の前に当てると、おなかの力の入り方が少し変わるのを感じます。   8の字を描いて小刻みに走る。   この動きの後に走ると、脚で掻く動きが無くなり、ストンと真下に足がつく...

お疲れさまでした。 股関節の動きをトレーニングしました。 1 姿勢と接地   緩い上りを使いました。   ①地面に対し垂直になるように立つ。    踵に体重が乗る、尾骨を意識してバランスをとる。   ②①のバランスのまま、拇指球で足踏みをする。    接地が後ろになります。 ...

お疲れさまでした。 股関節の動きをトレーニングしました。 1 姿勢、股関節の動き   股関節を使えるようにするための姿勢を確認。   ①緩い上りで地面に対し垂直になるように立つ。    踵に体重が乗る。尾骨を意識してバランスをとる。   ②拇指球で踏む足踏みをする。    お...

お疲れさまでした。 股関節を使う動きをつくっていきました。 1 股関節  ①緩い上り坂で、地面に対し垂直に立つ。   踵に体重が乗る。尾骨を意識してバランスをとると、おへその下に力が入ります。  ②①のバランスのまま、拇指球で踏む足踏み。  ③膝を上げるよりも、踏む方に意識を向...

お疲れさまでした。 姿勢を中心に動きを考えていきました。 1 姿勢   緩い上り坂を使いました。   ①地面に垂直になるように立つ。    踵に体重が乗る。尾骨を意識してバランスをとる。    腰でバランスを取ると反った姿勢(おなかの力が効かず、おなか突き出した状態)になってし...

レッスンノート ページ先頭へ