サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 『走る』という動き

『走る』という動き

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
初めてのレッスンだったので、『走る』という動きの力の使い方について知ってもらいました。

1 姿勢
  腰が反らない姿勢をつくります。
  仰向けになり、腰のところに隙間ができないように床にべたっとくっつけてみます。
  その時に、力の入る場所(おへその下の方)を確認しておきます。

2 重心の位置
  真っ直ぐ立った状態で、1で確認したおなかの力を入れてみます。
  骨盤は倒れず真っ直ぐ立った状態になります。
  ①この状態で立っている時、土踏まず~踵辺りに体重が乗っています。
  ②骨盤の傾きを変えずに、体重をほんの少し前に移動させると、土踏まず~拇指球辺りに乗る感じになります。
  この①と②の違いをしっかりと感じておきます。
 
3 重心移動で進む
  ①の状態で、足踏みをします。
  膝から下は力を抜き、おなかの力で太ももを引き上げるような感覚です。
  足踏みをしながら、重心位置を②の状態まで持っていくと、自然と進みだします。
  この時、重心移動のみで進んでいる状態で、脚の力は使っていません。

4 『走る』という動き
  3では、歩いている状態で重心移動を使って進みました。
  これを『走る』にもっていくためには、足踏みのリズムを速くします。
  足踏みをリズムを速くするにあたって出てきた問題がいくつかあります。
  ①速くしようとするとつま先を使いそうになる。
  ②つま先を使わないようにしようとすると、腰が反ってお尻が後ろに出てしまう。
  などです。
  これらは、いきなり正解の動きをすることは難しいので、少しずつ正解に近づけていきます。
  また、前に行こうとすると、肩から、や腰から、になってしまい、お尻が遅れがちになります。
  これも、太ももの引き上げができるかどうかとも関係しているので、まずは、意識して解決できる範囲で構いませんので、なるべくお尻ごと前へ、というイメージで動くようにします。

5 直線歩行
  片方の膝を引き上げ、もう片方のつま先の前にゆっくりと下します。
  脚の力でバランスを取って踏ん張るのではなく、体幹部分(おへその下とおなかの横の部分)の力を使って踏ん張れるようにしていきます。
  まずは、おなかの力を入れる感覚をしっかりつかんでいき、それがだんだんと動きの中でも使えるようになってきたら、グラグラせずにできるようになっていきます。

6 ジョグ

  
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 最初のジョグの時から、右腰のクネっとした動きが抑えられていました。 1 腰の位置   円を使いました。   ①腕を肩の高さに揃えて伸ばし、円の中心に向かって傾いていく。    腰で折れ曲がらないようにし一直線のまま傾くようにする。   ②①の傾きを維持したま...

お疲れさまでした。 股関節の動きをトレーニングしまさした。 1 腰の安定   右手を右腰〜お尻に当て、左手を左腰の前に当てると、おなかの力の入り方が少し変わるのを感じます。   8の字を描いて小刻みに走る。   この動きの後に走ると、脚で掻く動きが無くなり、ストンと真下に足がつく...

お疲れさまでした。 股関節の動きをトレーニングしました。 1 姿勢と接地   緩い上りを使いました。   ①地面に対し垂直になるように立つ。    踵に体重が乗る、尾骨を意識してバランスをとる。   ②①のバランスのまま、拇指球で足踏みをする。    接地が後ろになります。 ...

お疲れさまでした。 股関節の動きをトレーニングしました。 1 姿勢、股関節の動き   股関節を使えるようにするための姿勢を確認。   ①緩い上りで地面に対し垂直になるように立つ。    踵に体重が乗る。尾骨を意識してバランスをとる。   ②拇指球で踏む足踏みをする。    お...

お疲れさまでした。 股関節を使う動きをつくっていきました。 1 股関節  ①緩い上り坂で、地面に対し垂直に立つ。   踵に体重が乗る。尾骨を意識してバランスをとると、おへその下に力が入ります。  ②①のバランスのまま、拇指球で踏む足踏み。  ③膝を上げるよりも、踏む方に意識を向...

レッスンノート ページ先頭へ