サイタスポーツ教室ランニング教室 愛知 ランニングスクール レッスンノート 坂のポイント

坂のポイント

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・アップ
・登り坂
・下り坂
・インターバル×10
・ダウン
・補強

寒いなかお疲れ様でした。
今回は坂のポイントについてです。
基本的には平地と同じですが、体幹の角度やストライドには注意が必要です。
とくに登り坂では顎を引いて、後ろに反らないように気をつけていきましょう。
ストライドは、気持ち小さめに、階段を駆け上がるようなイメージを持ちましょう。
下りは骨盤から前に行くイメージです。足だけが前にいくのは、反作用がブレーキになります。着地地点と骨盤の意識を忘れずにいきましょう。
また、お尻の筋肉を使って上半身を起こすイメージも意識していきましょう。
新着レッスンノート

・アップ ・腰の位置 ・前傾姿勢 ・腕振り ・ジョグ 寒い中お疲れ様でした。 今回はフォームの基本について説明しました。 まずは、動きやすい状態をつくるため重心を高くしましょう。 体全体を少しずつ前傾させていくことで、反射的に脚が前にでるようにしていきます。 このとき、上...

・アップ ・フォームについて ・ジョグ ・ストレッチ 朝早くからお疲れ様でした。 今回は基本的なフォームについて説明しました。 まず、腰の位置は高い方が楽に走れるので今回のやり方を使って意識していきましょう。 走る時は脚よりまず身体全体が先行するようにしていきましょう。脚は勝...

・アップ ・ジョグ ・補強 寒いなかお疲れ様でした。 脚のストレッチでは、身体の軸を崩さないように意識しておこないましょう。脚は心臓の高さから動かす意識を持って走りにつなげていきましょう。 今回は久しぶりのジョグになりました。フォームなおおまかなところは問題ありませんが、歩幅や蹴...

・アップ ・前回のおさらい ・体幹の意識 ・ジョグ ・ストレッチ 寒いなかお疲れ様でした。 前回のおさらい(足と膝の向き)に関して補足すると、靴の外側が平行になる意識と、スネと親指に体重を通す意識をもつようにしていきましょう。 体幹の意識付けでは、まず骨盤を立てることを気をつ...

・アップ ・前回のおさらい ・骨盤の立て方 ・股関節の使い方 ・ジョグ 寒いなかお疲れ様でした。 今回は骨盤の立て方について説明しました。 椅子に座った状態で、骨盤の動きを意識してやっていきましょう。 骨盤が立ったときに肩甲骨をよせるイメージももつようにするといいでしょう。...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta