サイタスポーツ教室ランニング教室 愛知 ランニングスクール レッスンノート 坂のポイント

坂のポイント

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・アップ
・登り坂
・下り坂
・インターバル×10
・ダウン
・補強

寒いなかお疲れ様でした。
今回は坂のポイントについてです。
基本的には平地と同じですが、体幹の角度やストライドには注意が必要です。
とくに登り坂では顎を引いて、後ろに反らないように気をつけていきましょう。
ストライドは、気持ち小さめに、階段を駆け上がるようなイメージを持ちましょう。
下りは骨盤から前に行くイメージです。足だけが前にいくのは、反作用がブレーキになります。着地地点と骨盤の意識を忘れずにいきましょう。
また、お尻の筋肉を使って上半身を起こすイメージも意識していきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

健康運動実践指導者資格あり!体の使いカや管理までしっかりとサポート

新着レッスンノート

・アップ ・足と膝について ・重心について ・骨盤について ・ジョグ ・ストレッチ お疲れ様でした。 今回はフォームの基礎について説明しました。 まず、膝に負担をかけないために足の向きを気をつけてください。 次に重心の位置を高くして走る意識を持ちましょう。 骨盤の立て方...

・アップ ・重心の位置について ・前傾姿勢について ・着地について ・腕振りについて ・ジョグ ・ストレッチ お疲れ様でした。 今回は基本的なフォームの説明をしました。 まずは重心を高くすることを意識しましょう。 次に前に進むときは、脚よりも上半身を使うイメージを持ちま...

・アップ ・腰の位置について ・股関節の使い方について ・着地について ・腕振りについて ・ジョグ ・ダウン、ストレッチ お疲れ様でした。 今回はフォームの基礎について説明しました。 まずは、腰の位置を高くします。 腰の位置を高くしたら、身体全体を少しずつ前に傾けます。...

・アップ ・フォームについて ・動きづくり ・ジョグ ・ダウン、ストレッチ お疲れ様でした。 フォームのポイントとしては、股関節から使うことを意識しましょう。 そのために、腰を高く、骨盤を立てた状態をキープしましょう。 ラダーの動きづくりでは、種目によっては股関節をよく意識...

・アップ ・足のコンディショニング ・脚の引きつけ ・ジョグ ・ダウン、ストレッチ お疲れ様でした。 今回は足のコンディショニングについてです。 足を回すときは、つま先の向きがしっかり上下左右に向くように動かします。 内くるぶしの下のところをほぐしましょう。 小指側の骨の...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta