サイタスポーツ教室ランニング教室 東京 修造ランニング教室 レッスンノート 「ヒアリング」「ランニングフォームチェック」「ランニング基礎レッスン」を行いました

「ヒアリング」「ランニングフォームチェック」「ランニング基礎レッスン」を行いました

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今回は初めてのレッスンでしたので
・ヒアリング
・ランニングフォームチェック
・ランニング基礎レッスン
・ランニング
を行いました。

■ランニングフォームチェック
気になった点は3点です。
・体幹を意識した姿勢
・着地のリズム
・着地位置

■体幹を意識した姿勢
ランニングで一番大事な部分です。
日常生活でも体幹を意識した姿勢を続けていると身体に馴染んできます。

(1)お腹の意識
 ①立ち姿勢を作ります
 ②息を吸いながらお腹を膨らませます
 ③息を吐きながらお腹を凹ませ、お腹に意識(力)を入れます
 ④もう一段階お腹の下を凹ませ、お腹の奥に意識(力)を入れます
 ⑤力を抜いてリラックスします
 ⑥上記②~⑤を3回繰り返します

(2)お尻の意識
 ①立ち姿勢を作ります
 ②お尻の肉を寄せるようにお尻全体を締めて、お尻に力を入れます
 ③もう一段階、お尻の上の方を締め、お尻側から身体の奥に意識(力)をいれます
 ④力を抜きます
 ⑤上記②~④を3回繰り返します

(3)骨盤の位置を整えます
 骨盤は軽く前傾するのが良い位置です
 ①骨盤を軽く前傾をさせます
 ②戻します
 ③上記①~②を3回繰り返します

(4)体幹の意識
 ①立ち姿勢を作ります。
 ②骨盤を軽く前傾させます
 ③お腹の下を軽く凹ませ、骨盤を安定させます
 ④おヘソの下の奥(丹田)に意識を置きます
 ⑤丹田から鳩尾にかけて力を集めて身体の奥に軸を作ります
 ⑥前後、左右のバランスを整え、重心が身体の真ん中に来る意識をします
 ⑦身体の奥の軸は残したまま、お尻、もも、ふくらはぎの筋肉を緩めます
 ⑧その場で足踏みウォーキングして身体の奥の軸は意識は残したまま
  表面を更にリラックスさせます

■着地のリズム
着地のリズムがゆっくり過ぎでした。
着地の時に足首、膝で着地の衝撃を吸収し過ぎています。

着地の衝撃をある程度吸収する必要はありますが、吸収し過ぎると前に進む推進力を無くしてしまうことになります。

(1)着地のリズムを作る
 ①立った姿勢から両脚ジャンプ
 ②地面から反発を貰う意識で繰り替えす
 ③そのリズムのままでランニングに入る

■着地位置
着地位置が前過ぎると、前に進む力にブレーキをかけてしまいます。
着地は身体の真下に足を置くイメージです。

(1)身体のしたに足を置く
 ①立った状態でその場で足踏みランニングをする
 ②軽く前に倒れる感じで走り始める
 ③着地は身体の真下の置くイメージで走り続ける

■ランニング
最初は無理をしないで、ランニングとウォーキングを繰り返すのが良いです。
今回は
300mを3本、500mを2本、700mを2本をウォーキングで繋ぎました。

ですので走った距離は約3.5kmです。
このレッスンノートを書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回は初めてのレッスンでしたので、最初にヒアリングをさせて頂いてから、軽く一緒に走りながら、フォームと走力のチェックを行いました。 基礎体力はありそうですので、当面の目標を5kmにするのは丁度良いと思います。 最初に姿勢・ランニングフォームをチェックしました...

レッスンお疲れ様でした。 今回は初めてのレッスンでしたので、最初にヒアリングを行ってから姿勢・フォームチェック、改善レッスンへと進めました。 ■姿勢 姿勢は上体がやや後ろ気味で、骨盤がやや寝て(後傾)いるのが気になりました。 改善のポイントは ・骨盤の位置をやや後ろにする ...

レッスンお疲れ様でした。 今回は体調が万全ではないようでしたので、負荷の高いトレーニングは控えて、基礎的なランニングの動きを復習しました。 ランニングの基本は下記です。 ・体幹を上手く使う(肘から先、ももから先は体幹が動けば自然に動く) ・体幹の中でも「丹田から鳩尾」は軸になる...

レッスンお疲れさまでした。 今回は5kmの大会に向けて1km8分ペースで走りました。 ■姿勢の確認 走る姿勢で軽い前傾が出来ているのはとても良いです。 最初にウォーミングアップをしながら、姿勢の確認をしました。 ・丹田に意識するが、お腹に力は入れ過ぎない ・骨盤から軽く...

レッスンお疲れさまでした。 ■着地意識のレッスン 着地音が左右で不均一な点と着地音が大きい点が気になります。 着地で地面に力を伝えるタイミングがよくないと着地音が安定しません。 今回は着地で地面反発を感じるための「ショートバウンディング」をレッスンをしました。 バウンディ...

レッスンノート ページ先頭へ