サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 上体から進んでいく動き

上体から進んでいく動き

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
上体が先行し、脚が後からついてくるという動きが出来るようになってきました。

1 直線歩行
  膝から下、特に足首の力を抜く。

2 ジョグ
  直線歩行と同じように膝から下の力を抜いた状態で、太ももの動きのみを使って小さく足踏みをする。
  ほんの少しだけの重心移動で少しずつ前に進む。
  この動きが、力を使わないで進むことの基本になります。
  ここから先、体を前に乗せていくことでスピードを上げていきますが、膝から下の力を抜いた感覚や接地の時の感覚など、脚の使い方は速くなっても同じです。

3 斜め歩き
  膝から下の力を抜いたまま、体ごと行きたい場所に移動する感じです。
  太ももの内側の力を使って、体重が外側に乗ってしまわないようにします。(特に右足)
  交差歩行で、太もも内側に力が入ることを確認しました。

4 円をくるくる
  外側になる方の、腰、肩が遅れないようにします。

5 腰から進んでいく走り
  4から真っ直ぐに入ります。
  腰から押していく感覚が活きている間は、上体が先に前に乗っていって脚が後ろからついてくる動きで走れています。
  
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 スピードを上体でコントロールすることを考えました。 1 力まない姿勢   腰、背中がきゅっと力んでしまうところがありました。   おなか側から内に向かってグッと押し込むように力を入れ、裏側(腰)を少し広げるような感じで緩めます。   その力を入れたまま、お尻を...

お疲れさまでした。 腰の筋肉を柔らかく使い、太ももを動かしやすくすることを考えました。 1 腰の筋肉を柔らかく使う   円を使いました。   円の中心から放射状に線が伸びていると考え、その線上に左右の腰、肩が乗っかっている状態を保ったまま歩きます。(外側が遅れないように)   外...

お疲れさまでした。 腰から行く感覚をつかんでもらいました。 1 姿勢   少し前のめり気味(肩が前に入りお尻が後ろに残っている)だったので腰の真上に肩が乗っかっている状態をつくりました。 2 体幹でバランスを取る   1の姿勢で、その場で足踏みをする。   両手を後ろに組み...

お疲れさまでした。 衝撃のない接地ができるように、力の使い方や動きを考えていきました。 1 腰の高さ   背中にストレスがかからないように、緩めたまま腰の位置を高くキープする。   接地位置が自然とやや手前になり(膝から下で掻く動きがなくなる)、歩幅が小さくなります。 2 股...

お疲れさまでした。 腰の筋肉を柔らかく使えるようにしたら、動きが楽になることが分かりました。 1 ウォーク→ジョグ   右をやや手前に置くつもりで動くと、左右差がなくなってきます。 2 腰の筋肉を柔らかく   ①首、肩、背中を丸めていき、おなか側から腰に向かって、押し込むよう...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta