サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 接地の感覚

接地の感覚

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
足首、つま先の力を抜き、太ももの動きを使って進むことを練習しました。
後半は、ふくらはぎに張りを感じない状態で動けるようになってきました。

1 ジョグ
  接地の時に、つま先が手前から進行方向に向かってブレーキをかけるようなつき方をしていました。
  このことが、ふくらはぎの張りの大きな原因だったと考えられます。

2 直線歩行
  膝から下、特に足首の力を抜く。

3 太ももを使う
  体重を踵寄りに乗せ、後ろに軽くもたれかかるような姿勢を取ると、おなかの下の方にグッと力が入ります。
  その姿勢をキープしたまま、体の前で太ももを軽く引き上げるような足踏みをします。
  直線歩行の時と同様に、膝から下の力は抜いておきます。
  足踏みのリズムを少しずつ速くしていきながら、重心を真ん中に戻していき、ほんの少し真ん中より前に移動させます、
  足首の力は抜いた状態で、太ももの動きを使って進むことができます。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 股関節を使う感覚は、今までには無かったものだと思います。 おなかの力で腰を安定させ、股関節がしっかりと使えるようになれば、真ん中をキープすることもできるようになってくるでしょう。 1 体幹のバランス     太ももを片方ずつ引き上げる動き。   膝から下を後ろ...

お疲れさまでした。 膝裏に出る突っ張り感を無くすため、腰を安定させることをねらって体幹のトレーニングを行いました。 太ももを動かそうとすると、骨盤が前傾したり(反った感じ)、後傾したり(腰が引ける感じ)しやすいので、そうならない力の使い方がポイントです。 1 太ももの動きと腰の安定 ...

お疲れさまでした。 体幹のトレーニングを中心に行いました。 今までにはない感覚で体が動く場面もありました。 1 太もも内側   ①腰の位置を高く保ち、土踏まずで真下を踏むつもりで足踏みをします。   ②右に乗っている時間が長いので、意識的に右を素早く地面から離すつもりで動きます。...

お疲れさまでした。 前のめりにならない姿勢、太ももの動きを確認しながら、走りました。 1 ジョグ   前のめりにならない姿勢がとれていました。 2 体幹のトレーニング   斜め歩きを使いました。   前足の膝を胸に引き付けるつもりで引き上げます。   この時、骨盤の傾きが...

お疲れさまでした。 太もも内側を意識することで、動きのコントロールが上手くできていました。 1 ジョグ   ブレや上下動なくスムーズです。 2 体幹   斜め歩きを使いました。   前足の膝を胸に引き付けるつもりで引き上げます。   右を動かすときに、腰のクネッが入ってし...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta