サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 接地の感覚

接地の感覚

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
足首、つま先の力を抜き、太ももの動きを使って進むことを練習しました。
後半は、ふくらはぎに張りを感じない状態で動けるようになってきました。

1 ジョグ
  接地の時に、つま先が手前から進行方向に向かってブレーキをかけるようなつき方をしていました。
  このことが、ふくらはぎの張りの大きな原因だったと考えられます。

2 直線歩行
  膝から下、特に足首の力を抜く。

3 太ももを使う
  体重を踵寄りに乗せ、後ろに軽くもたれかかるような姿勢を取ると、おなかの下の方にグッと力が入ります。
  その姿勢をキープしたまま、体の前で太ももを軽く引き上げるような足踏みをします。
  直線歩行の時と同様に、膝から下の力は抜いておきます。
  足踏みのリズムを少しずつ速くしていきながら、重心を真ん中に戻していき、ほんの少し真ん中より前に移動させます、
  足首の力は抜いた状態で、太ももの動きを使って進むことができます。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 長い距離を走ってみて出てきた課題から、対応策を考えていきました。 1 腰の高さ   高さを確認しました。   静止した状態で『高い』姿勢をつくっても、太ももを引き上げようとすると、お尻が低くなりがちでした。   めいっぱい高いところから、膝の方を胸に引き付ける...

お疲れさまでした。 ジョグのリズムがよくなってきました。 1 ジョグ   以前に比べ、リズムが良くなりました。   左右のバランスも良くなってきています。 2 右の動き   右の太もも内側を意識します。   斜め歩きの時に、右太もも内側を意識して、右を手前に素早く下ろすよ...

お疲れさまでした。 腰から前へ押していくと、脚は力を使わなくても、結構なスピードがでる、ということが分かったと思います。 1 ジョグ 2 体幹のトレーニング   両手を後ろに組んで、太ももの刻みで進みます。   肩が揺れたり、上体が左右に揺れたりしないようにします。 3...

お疲れさまでした。 腰の位置を高く保ち安定させるため、おなか(横の部分)の力を使えるようにしていきました。 1 おなかの力   腰が反らないように(弓なりにならないよう)真っ直ぐ板みたいな状態にしたまま、重心を後ろに(踵に乗る感じ)移動させていく。   重心後ろのまま、もたれ掛かる...

お疲れさまでした。 昨日の20kmとセットで練習を考えました。 1 ジョグ、動き   太ももの内側を意識して、斜め歩きをしました。   リズムを速くしていき、素早く下ろす、すぐに地面から離す、つもりで動きます。 2 500m×7   レース後半をイメージし、ピッチを落とさず...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta